*

■74歳の石塚ひろしがデビュー曲「越冬の酒」にちなんで梅酒づくりに初挑戦。原料の梅を埼玉・越生で調達。自ら収穫も

公開日: : ニュース

6月13日に74歳の誕生日を迎えたばかりの新人演歌歌手・石塚ひろしが、現在、好セールス中のメジャー・デビューシングル「越冬(ふゆ)の酒」(詞・峰崎林二郎、曲・四方章人、発売・キングレコード)のタイトルにちなんで梅酒づくりに初挑戦することになり、その原料の梅を調達するために14日、関東三大梅林として知られる埼玉・越生町の「越生梅林(おごせばいりん)」を訪れた。

石塚ひろし(その1)

各農家から毎朝、届けられるもぎたての新鮮な梅が販売されている「越生自然休養村センター」という人気直売所があることを知り、早速、同所に行って梅を購入。

 「いままで見たことのない大きな梅がたくさんあって、この梅だったらきっとおいしい梅酒ができそうですね」と満足げに語ったが、越生梅林に咲き誇る梅の木を見ているうちに「せっかくここまで来たんだから、自分で収穫した梅でもつくってみたい」とどんどん希望が膨らみ、許可をとって入れてもらった畑での収穫風景を見学してから自らもかごをかついで初めての梅の収穫を体験した。

石塚ひろし(その2)

 酒は若いころから大好きで、歌手デビューしてからも欠かさないというが、「プロ歌手になったからには、いつも万全な状態で歌えるように」と、それまでの半分ぐらいに自らコントロールして飲んでいるそうで、「僕は、お酒の中ではビールが一番好き。それに日本酒も。暑いときは梅酒が欠かせませんので、ぜひ自分でつくった梅酒も飲んでみたい」として、今回、梅酒づくりに挑戦することになったもの。

 「越生は梅で有名な町とは聞いていましたが、こんなに立派な梅がたくさんあるとは思ってもいませんでした。今日は、その梅を購入する目的でこの越生町に来たのですが、まさか自分で収穫するとは思ってもいませんでしたので、大満足です。この梅でおいしい梅酒をつくってみたいですし、いまから出来上がるのが楽しみです」

石塚ひろし(その3)

 この夏から東北地方を中心にキャンペーンを予定しており、知名度のほうも日に日に増してきているが、「きのう誕生日を迎え、74歳になりましたが、まだまだ体のほうは元気ですし、いまは絶好調です。58年間夢見てきた歌手の夢が実現して充実した毎日を過ごしていますが、第一目標は、新人賞をとること。さらにレコード大賞、NHK紅白歌合戦という大きな目標に向かって全力投球で頑張っていきたい。年末には、ヒットという美酒を自分でつくった梅酒で…」と大張り切りだ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる