*

■原田悠里が毎年恒例のコンサート。創作コーナー「歌語の浪朗唱」に挑戦。第74回文化庁芸術祭に参加

公開日: : ニュース

今年でデビュー38年目を迎え、最新シングル「萩しぐれ」がカラオケ誌のカラオケリクエストランキング2週連続1位と好調の演歌歌手・原田悠里(64)が10月1日、東京・大田区の大田区民ホール・アプリコ 大ホールで「原田悠里コンサート2019~歌語(うたかた)の浪朗唱(ろうろうしょう)~」と銘打ったコンサートを開いた。

原田悠里(その1)

年に一度、東京で行っている恒例コンサートで、今年で14回目。今回の目玉は「歌語の浪朗唱」と題した創作コーナーで、音楽教師出身の原田は、オペラ「蝶々夫人」をモチーフに、自身のルーツであるクラシック音楽、演歌、歌謡浪曲の3ジャンルを融合させた壮大な音楽に挑戦することになったもの。そして、同大阪公演は「第74回文化庁芸術祭」への参加も決定している。

原田悠里(その2)

 本番前、公開リハーサルで「歌語の浪朗唱」を約20分間披露した原田は「(デビュー前)私はクラシックをやっていたこともありまして、よく演歌歌手になったのはどうしてですかと聞かれることがあります。私の中では、美空ひばりさんにあこがれ、マリア・カラスに感動して、北島(三郎)先生に歌手にしていただき、いまは二葉百合子先生に歌謡浪曲のご指導をいただいているという素晴らしい師匠との出会いがあるぜいたくな歌手人生でして、何とかその流れを一つの形にしたいと思って、今回、『蝶々夫人』というテーマでやらせていただくことになりました。歌あり、語りあり、オペラあり、浪曲あり、歌謡曲ありと、ふんだんに盛り込んだ演目でして、そこでまず自分の中に覚え込ませ、台詞の中では19歳の蝶々夫人になったり、頑固なお父さんになったり、領事になったりと、3つがころころ変わるところを皆さんにしっかりとご理解いただけるかなと思いながら練習しました」

原田悠里(その3)

「この日のために二葉百合子さんに歌謡浪曲のご指導をいただき、学生時代の声楽の担当教官(90歳)にもご指導をいただきました。台詞が訛らないようにしたのが一番苦労したところです。今回は、1オクターブ近い高い声で挑戦しています。今日は、19歳の蝶々夫人になりきって頑張ります」と意欲満々。

原田悠里(その4)

 約1400人のファンで満席の中、 2部構成で、第1部は「愛の河」をはじめ、今回の目玉コーナー「明治の幻燈 蝶々夫人」を約20分にわたって披露。その堂々たる歌唱ぶりに客席全員が感動し、大きな拍手が送られた。

続く第2部は、自身の代表曲でもある「木曽路の女」「安曇野」「津軽の花」、それに新曲「萩しぐれ」など全19曲を熱唱。文化庁芸術祭参加にふさわしい見ごたえのあるステージで最後までファンを楽しませた。
 10月11日には、大阪・NHK大阪ホールでもコンサートを開催。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる