*

■大月みやこが東京・三越劇場で毎年恒例の秋のコンサート。55年分の思いを込めて熱唱。来年9月11日に国立劇場コンサートが決定

公開日: : ニュース

デビュー55周年を迎え、ニュー・シングル「涙川」をキングレコードから9月25日に発売した演歌歌手・大月みやこ(73)が10月1日昼夜2回、東京・日本橋の三越劇場で毎年恒例の秋のコンサートを開いた。

大月みやこ(その1)

三越劇場では今年で11回目となる秋のコンサートで、「1年は早いもので、また今年も秋のコンサートをこの三越劇場でやらせていただくことになりました。ホールコンサートとはいうものの、(客席と)近いところで、アットホームな感じでお話しながら聴いていただけることは、いままであまりなかったものですから、このコンサートは私自身もとても楽しみにしています。今年もこうして開催できるのが何よりも幸せです。皆さんと一緒に、ほんのわずかな時間でもいろんなことを忘れて、私たちの大好きな歌謡曲、日本のすてきな言葉と日本のメロディーを再認識していただけるようなコンサートにしたい」と大張り切り。

大月みやこ(その2)
 今回のテーマは「温故知新」で、「デビューから55年を通過しているまっただ中ですが、自分がスタートしたのは、東京オリンピックのあった昭和39年でして、歌謡曲全盛時代のあのころのすてきな歌謡曲を皆さんにもう一度聴いていただき、後半は、私のオリジナルの中から皆さんが聴いてみたいというリクエスト曲を入れながら構成してみました」と説明。

 約500席の会場は、昼夜共に満席(合わせて約1000人)の中、「時の流れの速さには驚くばかりで、大月みやこもついこの間デビューしたと思っていたのに55年もたったとは信じられません。まさかここまで歌い続けることができるとは夢のようです。これも皆々様のお陰と、心から感謝の思いでいっぱいです。今日は、55年分の思いを込めて歌います」とあいさつ。

大月みやこ(その3)
 前作シングル「せめてもう一度」をはじめ、彼女がデビューした昭和39年頃にヒットした歌謡曲から佐々木新一の「あの娘たずねて」、新川二朗の「東京の灯よいつまでも」、コンサートのみで披露する人気の洋楽カバーから「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」「You are my Sunshine」、オリジナルヒットからファンが選んだ「豊予海峡」「乱れ花」「女の駅」「白い海峡」「女の港」、それに新曲「涙川」など全20曲を熱唱した。

 この日、来年9月11日に東京・国立劇場でコンサートが決定したことを発表。「日本の歌謡曲をあの舞台で聴いていただくチャンスというのはなかなかないと伺っていましたが、わがスタッフが、大月みやこが今日まで55年を重ねてきて、(今日まで応援してくださった)皆さんに感謝し、集大成としてぜひあの舞台で歌わせたいと思ってくれたのだと思います。ご入場いただけた皆さんにお礼を申し上げることと、日本の歌謡曲のよさを、自分のいまの時代に後輩のみんなにつなげていけるようなそんな舞台にしたい」と話すと、会場は大きな歓声で包まれた。

大月みやこ(その4)
 新しい令和の時代を迎え、「良いこともあれば災害など悲しいことも多く起こっています。そんな中でも日本の素晴らしい歌謡曲を歌い継いでいき、皆さまに少しでも安らぎを与えられたらうれしい。私自身も、これからまた何か新しい幸せがあるだろうなといつも思っていますので、いまが一番大切で、いまが一番幸せと感じたい。本当にいまが一番幸せなんです」と笑顔を見せていた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる