*

■伍代夏子が新曲「暁」発売記念全国カラオケ選手権決勝大会。福島県の高校3年生・小椋康平さんが優勝

公開日: : ニュース

今年2月6日にソニー・ミュージックダイレクトから発売された最新シングル「暁」(詞・松井五郎、曲・杉本眞人)がロングヒット中の演歌歌手・伍代夏子(57)が9月28日、東京・港区のJ-SQUARE SHINAGAWAで「伍代夏子『暁』発売記念~伍代夏子杯!全国カラオケ選手権~」と銘打ったカラオケ決勝大会を開いた。

伍代夏子(その1)

今度の新曲は、どんな人の人生にも通じる、夢見ること、希望を持つこと、そしてすべてを受け入れ、明日に向かって生きることの素晴らしさを力強く歌ったメッセージ演歌。

 同大会は、CD購入者を対象に、最年少は12歳から最年長は88歳まで全国から554人の応募があり、その中から厳正なるテープ審査の結果、全10人=最年少12歳から最年長70歳まで=が選ばれ、この日の決勝大会に臨んだもの。

伍代夏子(その2)

 同曲を作詞した松井五郎さんを審査員に迎え、伍代自身も審査員として参加する中、出場者全員が日ごろから鍛えてきた歌唱力と個性を発揮しながら競い合った結果、優勝の栄冠は、福島県郡山市在住の高校3年生・小椋康平さん(18)の頭上に輝いた。

 小椋さんは「冥土の土産になりました(笑)。伍代夏子さんのような歌手になるのが夢です」と大感激。

伍代夏子(その3)

 また、伍代夏子賞は冨谷絵理香さん(12)、杉本眞人賞は新田美咲子さん(55)、松井五郎賞は大波利春さん(70)、ソニーミュージック賞は玉木恵子さん(38)、JOYSOUND賞は中井彩花さん(18)がそれぞれ受賞した。
 審査結果発表前には伍代のミニコンサートが行われ、新曲「暁」をはじめ、「金木犀」「肱川あらし」の全3曲を熱唱。

伍代夏子(その4)

 カラオケ大会は、19年ぶり2回目だそうで、「いろんな歌い方の『暁』があり、とても新鮮でした。今日出場された10名の方々は皆さんそれぞれ素晴らしかったです。優勝された小椋康平さんは歌手になりたいとおっしゃっていましたが、力量的には十分ですし、ほかの方々もレベルは高かったと思います。『暁』という曲は、若い方にも男性にも歌っていただける歌だと、改めてわかりましたし、これからももっともっと大事に歌っていきたい。そして、こういうカラオケ大会もそうですが、カラオケを歌って応援してくださる皆さんとの交流は今後も続けていきたいですね」と笑顔を見せていた。

伍代夏子(その5)

 作詞を手がけた松井さんは「男性の歌う『暁』をこんなにたくさん聴けたのは、新しく命が吹き込まれた感じがしてすごく面白かったです。歌とか流行歌というのは、歌手の方が歌われて世の中に出ていくのですが、最終的には聴いてくださった方が自分の歌にしていくのが大事だと思うので、それを今日は生で見られてうれしかったです」と話していた

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる