*

■大月みやこが東京・三越劇場で秋のコンサート。船村徹さん、ペギー葉山さん、平尾昌晃さんを偲び、「天まで届け」と熱唱。一人芝居「婦系図」で熱演も

公開日: : ニュース

最新シングル「流氷の宿」&最新アルバム「女の港 大月みやこが唄う船村徹の歌世界」(発売・キングレコード)が共に好セールス中のベテラン演歌歌手・大月みやこ(71)が11月15日昼夜2回、東京・日本橋の三越劇場で「大月みやこ2017 秋のコンサート」と銘打ったコンサートを開いた。

大月みやこ(その1)

毎年秋に三越劇場で開催している恒例の人気コンサートで、今年で17回目。チケットは昼夜ともに即完売。

今回の見どころは、彼女にとって特別の存在だった作曲家・船村徹さん、歌手・ペギー葉山さん、作曲家・平尾昌晃さんの3人への追悼を込めたコーナーと、約20分間にわたる「婦系図」で一人芝居を演じながらの熱演・熱唱ステージだ。

大月みやこ(その2)

開演前、「毎年、この秋のコンサートは、私自身も楽しませていただいていますが、今年も始まる前からワクワクしています」としながら「今年は前半から悲しい出来事が相次ぎ、私の恩人の船村徹先生、ペギー葉山さん、平尾昌晃先生と、次々とお見送りさせていただいたので、その先生方への追悼の思いを込めたコーナーを作っていただきました。また、『婦系図』を一人芝居として演じるのは初めてですが、この秋のコンサートの第1回目の特別ゲストが船村先生でして、その先生が、かつて新宿コマ劇場で演じさせていただいたとき、私にとって初めての文芸作品『婦系図』の主題歌『命の花』を作ってくださったので、今日は一人芝居の劇中で歌わせていただきます」。

約500席の会場は、昼夜ともに満席の中、「振り返れば今年はお天気も不順で、夏の暑さも感じないうちにまた長雨が続き、いきなり秋から冬になってしまう感じですが、それでも秋の終わりにうれしいことが私を待っていてくれます。この三越劇場で皆さんとお会いできることをずっと心待ちにしていました」とあいさつ。

大月みやこ(その3)

2部構成で、第1部は「女の港」をはじめ、海峡メドレーから「対馬海峡」「豊予海峡」、大月自身のナレーションを交えながら「婦系図」を約20分間にわたって一人芝居で演じながら同主題歌「命の花」、第2部は、ペギー葉山コーナーで「南国土佐を後にして」「学生時代」、追悼コーナーで平尾昌晃さんが作曲した「霧の摩周湖」「わたしの城下町」、船村徹コーナーで「あの娘が泣いてる波止場」「おんなの宿」「矢切の渡し」、オリジナルコーナーで「紅の傘」「流氷の宿」「女の駅」「白い海峡」など全24曲を熱唱した。

今年もあと1カ月半となったが、「最近は、1年が早くて早くて…。でも、毎年がとても楽しくて、小さくてもいいので、聴いてくださった方が納得してくださるような内容に仕上げて前を向いていけたらいいなとずっと思っていて、わがスタッフと一緒に夢がかなえられてきたこの何年でしたから、来年もきっといいことがあると信じて、また大月みやこに新しいものが出てきたと思ってもらえるような1年にしたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる