*

■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

公開日: : ニュース

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(64)が6月22日、東京・台東区の上野恩賜公園噴水広場で開催中の「台湾フェスティバル TOKYO2019」でミニコンサートを開き、「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命された。

原田悠里(その1)

これは、昨年2月28日発売のシングル「無情の波止場」のカップリング曲で、台湾をテーマにした「我愛リー(ワーアイリー)」(詞曲・吉幾三)を歌ったのがきっかけで台湾との縁ができ、今回の新曲の舞台になっている萩市と台北市士林区が友好都市になっていることから同イベントに招かれたもの。

 「台湾フェスティバル」は、食文化を通じて日本と台湾の交流を深めるためのイベントで、6月20日から23日までの4日間開催。2016年まで「台湾フェスティバル 日台食文化交流」と銘打って行われていたイベントを改称し、今年で通算6回目を迎える。

原田悠里(その2)

 そんな人気イベントの野外特設ステージに登場した原田は、雨にもかかわらず大勢のファンが詰めかける中、1985年の大ヒット曲「木曽路の女」を歌った後、「皆さん、こんにちは。原田悠里です。私は台湾が大好きです。今日はよろしくお願いします」と、台湾語であいさつした後、「風邪を引かないように少しの間、お付き合いください」と日本語であいさつ。

 続いて代表曲「津軽の花」、台湾をモチーフにした「我愛リー」、新曲「萩しぐれ」、そして師匠・北島三郎の大ヒット曲「まつり」の全5曲を熱唱。

 その中で、原田は「(台湾は、約20年前、北島三郎先生の公演で初めて台湾に行って以来)6年ほど前に盛和塾という勉強会の皆さんと一緒に台湾に行き、観光でいろんなところに行くうちに台湾にすっかりはまってしまいました。今年1月20日には初めてのコンサートを台北市でやらせていただきましたが、台湾の人たちは、日本人に対してとても親切でやさしく、そして日本を愛してくださっています」と話していた。

原田悠里(その3)

 また、同ステージ開演前には、台湾ライチを食べ、種を飛ばした飛距離を競い合う「台湾ライチ種飛ばし選手権」の開会式が行われ、台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命。
 その大会前、台北駐日経済文化代表・謝長廷さん(73)ら4人で競い合った原田は、初めての挑戦にもかかわらず5㍍93㌢を記録=昨年の大会のレディースクラス優勝者は、15㍍08㌢を記録=し、「これからも私の大好きな台湾と、日本が大好きな台湾の皆さんとの架け橋になりたい」と笑顔を見せていた。

 この後、10月1日に東京・大田区民ホール・アプリコ、同11日に大阪・NHK大阪ホールでコンサートを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる