*

キングレコード歌謡選手権全国決勝大会のグランドチャンピオンは高橋美穂さんに決定。ゲスト歌手に原田悠里が

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , , , ,

10月26日、「キングレコード歌謡文化アカデミー」(略称・KBA、会長・大澄雅人氏)が主催の「2014年キングレコード歌謡選手権 全国決勝大会」が、東京・港区で開かれ、同社所属の演歌歌手・原田悠里さんがゲスト出演しました。

201410270001

今年で連続14回目を数える全国規模のカラオケ大会で、年齢別に若いコースから「プラチナコース」(45歳以下)、「ルビーコース」(46~57歳)、「エメラルドコース」(58~63歳)、「ダイヤモンドコース」(64~69歳)、「ゴールドコース」(70歳以上)の5部門に分かれ、全国の地区大会を勝ち抜いてきた全104人が、この日の決勝大会に出場。審査員は作曲家・伊藤雪彦さん、作詞家・麻こよみさん、キングレコードの湊尚子ディレクターの3人が務め、ゴールドコースからスタートし、プラチナコースまでの全出場者たちが、各部門別の優勝およびグランドチャンピオンを目指して自慢ののどを競い合いました。
その結果、各部門での優勝者の中から選ばれる最高位のグランドチャンピオンにはプラチナコースで「久遠の河」を歌った高橋美穂さん(38)=宮城・仙台市在住=に決定しました。

201410270002

グランプリを受賞した高橋さんは

「今日は緊張しましたが、楽しく歌えました。このキングレコード歌謡選手権には、2002年から出場させていただき、優勝は今回で4回目ですが、グランドチャンピオンに選ばれたのは初めてなのでとてもうれしいです」

と感激していました。
また、審査結果発表前にゲスト歌手の原田悠里さんがミニライブを開き、新曲「涙しぐれ」をはじめ、「木曽路の女」「津軽の花」など全6曲を熱唱し、

「私は、こういったカラオケ大会に出たことがないので、皆さんの歌を聴かせていただきながら緊張もせずに堂々と歌えるのはすごいことだなと思いました。ところで、私の歌に『木曽路の女』という曲がありますが、御嶽山が噴火して以来、毎日、心配しています。一日も早く元の御嶽山に戻ることを願っています」

と話していました。

201410270003

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる