*

■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

公開日: : ニュース

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の演歌歌手・山本あき(42)が2月11日、東京・蒲田のライブハウス「KAMATAぶらぶら」でマンスリーライブを開いた。

山本あき(その1)

2015年6月からスタートし、毎月、東京・蒲田のライブハウスを拠点に行っているマンスリーライブで、今回で45回目。「演歌歌手・山本あき」から「キャサリン山本」に変身し、金髪&ラフなスタイルでギターの弾き語りを交えながら「アコースティックな昭和歌謡」をコンセプトに、昭和の名曲カバーを中心に歌って、毎回、多くのファンの人気を博している。今年からは、「アコースティックな昭和歌謡」のコンセプトはそのままに「演歌歌手・山本あき」に戻って同ライブを行うことになったもの。

山本あき(その2)

 今回も熱烈なファンで満席の中、和服姿で青江三奈の「伊勢崎町ブルース」を歌いながら登場し、「今年で2回目のマンスリーライブになります。このライブで皆さまとお会いできるのを楽しみにしていましたが、この1カ月の間には、職場が変わったり、体調を崩されたりした方がいらっしゃったようで心配していました。でも、皆さまの元気なお姿を拝見し、無事、この日を迎えることができて本当によかったなと思います。私の歌が、そしてこのライブが皆さまの心に少しでも輝けるものがあれば、こんなにうれしいことはありません。どうぞ最後まで楽しんでいってください」と笑顔であいさつ。

山本あき(その3)

 オリジナル曲から「十六夜化粧」「しのぶ酒」、昭和歌謡をメドレーで奥村チヨの「恋の奴隷」、ちあきなおみの「四つのお願い」などを歌った後、着物からラフなジーンズ姿に着替えて、シンガー・ソングライター、タナコウのギターと、ピアニスト・笛木健治のキーボードをバックに、デビュー以来、初挑戦というドラムを叩きながらレベッカの「ラズベリー・ドリーム」、C-C-Bの「Romanticが止まらない」、アコースティックギターに持ち替えて井上陽水の「夢の中へ」などを熱唱。

ドラム演奏では、息を切らしながら「ドラムは20数年ぶりに叩きました。中学時代に初めてロックバンドを結成し、担当したのがドラムでした。皆さん、楽しんでいただけましたか?」と、興奮気味に話していた。

山本あき(その4)

 続いて抽選大会で盛り上がり、後半は、オリジナル曲を中心に「卑怯者」「男女川」「別れのキャンドル」、最新シングル「桜の小径」、そしてエンディングは「蒲田行進曲」の全15曲を約2時間にわたって歌い上げ、最後まで満員のファンを楽しませた。
 次回のマンスリーライブは、3月17日に同ライブハウスで。

この後、「第7回サンスポ古河はなももマラソン」(3月10日に茨城・古河市で実施)でフルマラソンに挑戦。5月19日には、バースデー・バーベキュー大会を予定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
北川裕二(その3)
■デビュー35周年の北川裕二が新曲「やめとくれ!!」カラオケ決勝大会。福島県の大波利春さんが優勝

 デビュー35周年を迎えた演歌歌手・北川裕二(65)が、キングレコード

バブリーたまみ(その3)
■ママ界のエンターテイナー、バブリーたまみがデビューCD発売前に親子たち50人の前でお披露目ライブ

いまインスタで大人気のママ界のエンターテイナー、バブリーたまみ(30)

ビリー・バンバン(その1)
■兄弟デュオ、ビリー・バンバンが50周年記念コンサート。浜口庫之助夫人・真弓さん、せんだみつお、石坂浩二らがお祝いに

1969年、大ヒット曲「白いブランコ」でデビューして今年で50周年を迎

森山愛子(その3)
森山愛子が東京・深川不動堂で新曲「尾曳の渡し」ヒット祈願&フリーライブ。ご当地ソング第2弾

今年でデビュー16年目を迎える演歌歌手・森山愛子(34)が、5月8日に

北川裕二(その3)
■北川裕二がデビュー35周年記念ディナーショー。師匠の作曲家・弦哲也さんとデュエットも披露

21枚目の最新シングル「やめとくれ!!」(詩・かず翼、曲・弦哲也、発売

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる