*

■山本あきがデビュー12年に感謝を込めて東京・銀座ZEROでスペシャルライブ。元ロス・プリモスの上野旬也がゲスト出演

公開日: : ニュース

2006年6月21日にキングレコード創業75周年記念アーティストとして「哀しみ模様」でデビューして今年で13年目を迎える山本あき(42)が6月16日、東京・銀座のGINZA Lounge ZEROで「デビュー12年 感謝をあなたへ…。」と銘打ったスペシャルライブを開いた。

山本あき(その1)

 2015年6月からスタートし、毎月、東京・蒲田のライブハウスを拠点にオリジナルの世界とは趣を異にし、「アコースティックな昭和歌謡」をコンセプトにしたマンスリーライブを開催。昭和歌謡の名曲カバーを中心に歌って、毎回、満員のファンから大好評を博しているが、今回はそのライブの集大成ともいえるステージで、「早いもので、デビューしてから12年が経ちましたが、今日まで大好きな歌を歌ってくることができたのも多くのファンの皆さまやスタッフの方々のお陰だと心から感謝しています。今日は、これまで12年間にわたって応援してくださったファンの皆さまへ感謝の気持ちを込めて一生懸命歌わせていただきますので、最後までごゆっくりお楽しみいただきたいと思います」。

山本あき(その2)

2015年6月からスタートし、毎月、東京・蒲田のライブハウスを拠点にオリジナルの世界とは趣を異にし、「アコースティックな昭和歌謡」をコンセプトにしたマンスリーライブを開催。昭和歌謡の名曲カバーを中心に歌って、毎回、満員のファンから大好評を博しているが、今回はそのライブの集大成ともいえるステージで、「早いもので、デビューしてから12年が経ちましたが、今日まで大好きな歌を歌ってくることができたのも多くのファンの皆さまやスタッフの方々のお陰だと心から感謝しています。今日は、これまで12年間にわたって応援してくださったファンの皆さまへ感謝の気持ちを込めて一生懸命歌わせていただきますので、最後までごゆっくりお楽しみいただきたいと思います」。

 約100人の熱烈なファンが詰めかける中、「ファンの皆さんと会場が一体になれるようなアットホームなライブにしたい」と言い、前半は、昭和歌謡のカバー曲、後半はオリジナル曲を中心に構成したステージで、最初に最新シングル「桜の小径」を歌った後、昭和歌謡のカバー曲から夏木マリの「絹の靴下」、李香蘭の「蘇州夜曲」、笠置シヅ子の「東京ブギウギ」、高峰秀子の「銀座カンカン娘」などを披露。

山本あき(その3)

 また、昭和の歌謡界を一世風びした「黒沢明とロス・プリモス」の元2代目リードボーカル・上野旬也(69)がリーダーを務める歌謡コーラスグループ「上野旬也とロスプリメーロ オルケスタ」(上野はピアノ&ボーカル担当)をゲストに迎え、彼らがロス・プリモス時代のヒット曲から「ラブユー東京」「たそがれの銀座」などを歌ってステージに花を添えた。

 後半は、オリジナル作品から出身地・石川県の金沢を舞台にした「金沢わすれ雨」をはじめ、デビュー曲「哀しみ模様」「男女川~みなのがわ~」ほかメドレー10曲、日本作曲家協会音楽祭2015・奨励賞」を受賞した2015年2月発売の「十六夜化粧」、前作シングル「たそがれ本線」などを熱唱。

山本あき(その4)

 会場には、新曲「桜の小径」や代表曲「金沢わすれ雨」を手がけた作曲家・田尾将実さんもお祝いに駆けつけ、「オレ、こんなにいい歌を書いたのかとびっくりしましたが、でも、歌はやっぱり歌手ですね』と絶賛。

アンコールは、再び上野旬也とロスプリメーロ オルケスタとのコラボで、現在、ロングセラー中の「桜の小径」を歌って、全24曲のプログラムで最後まで満員の客席を楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる