*

■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が毎年恒例の冬のワンマンライブで70年代シティポップスを中心に全17曲熱唱。来春には新作発表を

公開日: : ニュース

コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティストとして2011年4月にデビューし、今年で8年目を迎えた歌謡曲の歌姫・伊藤美裕(31)が12月8日、東京・渋谷区の恵比寿天窓.switchでワンマンライブを開いた。

伊藤美裕(その1)

毎年恒例の冬のワンマンライブで、約80人の熱烈なファンで満席の中、「12月ということで気持ちがせわしくなるような時期ですが、この時間だけはゆったりして帰ってもらえたらいいなという思いで歌を歌っていきますので、最後までよろしくお付き合いください」とあいさつ。

伊藤美裕(その2)

 彼女が大好きだという70年代のシティポップスを中心に、大貫妙子の「船出」をはじめ、ブレッド&バターの「ピンク・シャドウ」、南佳孝の「Midnight Love Call」、ナット・キング・コールの「L│O│V│E」、ティンパンアレイの「ソバカスのある少女」、原田真二の「タイム・トラベル」、沢田研二の「君をのせて」、オリジナルナンバーから「月の鍵」「あなたの花になりたい」「why?~真夜中の予感~」、それにアンコールでダニエル・ビダルの「オー・シャンゼリゼ」など全17曲を熱唱。

伊藤美裕(その3)

 その中で今年を振り返りながら「平成最後の年になりますが、今年はいままで以上に好きな音楽にどっぷりつかって活動できた1年だったかなと思います。それに伴って、すてきな音楽をなさっている先輩や音楽仲間とのいくつもの印象的な出会いがありました。夏には、毎年恒例の歌謡フェスでブレッド&バターの岩沢幸矢さんと一緒に歌わせていただいたのが、すごく感激した出来事でした」。

伊藤美裕(その4)

 また、「私にとって2018年は、いろんな転機がありまして、お世話になった方の突然の死から始まった1年でした。私の事務所の会長(オフィスウォーカーの大谷勝巳さん)が、8年にわたってがんと闘病されていて、1月7日にお亡くなりになりました。いつも私のことを気にしてくださっていて、その訃報を聞いたとき、まだ恩返しができていなかったと思い、そこから一念発起して活動してきました。そして、いま充実した日々が送れています。家族以外でこんなに人の死に対して考えたことはなかったかもしれません。それを機に、前に進んでいきたという思いで今日まで頑張ってきたつもりですし、これからもそうやって頑張っていきたいと強く思います」と話していた。

 来年春には新作を予定しているそうで、「いまは、自分の新しいステップの準備期間です。今年は、人の死を含めて、自分自身と向き合う時間がとても多かったですし、一つずつ形にしていくことが大事なんだと考えさせられた1年でした」と、さらなるステップに向かって意欲を燃やしていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる