*

■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が毎年恒例の冬のワンマンライブで70年代シティポップスを中心に全17曲熱唱。来春には新作発表を

公開日: : ニュース

コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティストとして2011年4月にデビューし、今年で8年目を迎えた歌謡曲の歌姫・伊藤美裕(31)が12月8日、東京・渋谷区の恵比寿天窓.switchでワンマンライブを開いた。

伊藤美裕(その1)

毎年恒例の冬のワンマンライブで、約80人の熱烈なファンで満席の中、「12月ということで気持ちがせわしくなるような時期ですが、この時間だけはゆったりして帰ってもらえたらいいなという思いで歌を歌っていきますので、最後までよろしくお付き合いください」とあいさつ。

伊藤美裕(その2)

 彼女が大好きだという70年代のシティポップスを中心に、大貫妙子の「船出」をはじめ、ブレッド&バターの「ピンク・シャドウ」、南佳孝の「Midnight Love Call」、ナット・キング・コールの「L│O│V│E」、ティンパンアレイの「ソバカスのある少女」、原田真二の「タイム・トラベル」、沢田研二の「君をのせて」、オリジナルナンバーから「月の鍵」「あなたの花になりたい」「why?~真夜中の予感~」、それにアンコールでダニエル・ビダルの「オー・シャンゼリゼ」など全17曲を熱唱。

伊藤美裕(その3)

 その中で今年を振り返りながら「平成最後の年になりますが、今年はいままで以上に好きな音楽にどっぷりつかって活動できた1年だったかなと思います。それに伴って、すてきな音楽をなさっている先輩や音楽仲間とのいくつもの印象的な出会いがありました。夏には、毎年恒例の歌謡フェスでブレッド&バターの岩沢幸矢さんと一緒に歌わせていただいたのが、すごく感激した出来事でした」。

伊藤美裕(その4)

 また、「私にとって2018年は、いろんな転機がありまして、お世話になった方の突然の死から始まった1年でした。私の事務所の会長(オフィスウォーカーの大谷勝巳さん)が、8年にわたってがんと闘病されていて、1月7日にお亡くなりになりました。いつも私のことを気にしてくださっていて、その訃報を聞いたとき、まだ恩返しができていなかったと思い、そこから一念発起して活動してきました。そして、いま充実した日々が送れています。家族以外でこんなに人の死に対して考えたことはなかったかもしれません。それを機に、前に進んでいきたという思いで今日まで頑張ってきたつもりですし、これからもそうやって頑張っていきたいと強く思います」と話していた。

 来年春には新作を予定しているそうで、「いまは、自分の新しいステップの準備期間です。今年は、人の死を含めて、自分自身と向き合う時間がとても多かったですし、一つずつ形にしていくことが大事なんだと考えさせられた1年でした」と、さらなるステップに向かって意欲を燃やしていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる