*

■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

公開日: : ニュース

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月にデビューして今年で7年目を迎えた〝歌謡曲の歌姫〟こと伊藤美裕(30)が9日、東京・渋谷区の恵比寿天窓.switchで冬のワンマンライブを開いた。

伊藤美裕(その1)

今年は、2月のエジプト・カイロでの初海外ワンマンライブ、10月からスタートしたミュージックバードの新番組「Premium G~MUSIC GIFT~」で大石吾朗と一緒にレギュラー出演、米・カリフォルニア旅など充実した1年を過ごし、この日、東京では2017年を締めくくるワンマンライブを開催。

 若い人から中高年まで幅広い年齢層のファンで満員の中、「このお忙しい12月に私のワンマンライブにようこそいらっしゃいました。今日は、東京では今年最後のワンマンライブになります。気持ちもせわしない時期なので、ゆっくりとお過ごしください。今日は、私のオリジナル曲を中心に、カバー曲も歌い、いまの私を届けられたらいいなと思っていますので、最後まで楽しんでいってください」と笑顔であいさつ。

伊藤美裕(その2)

 ギター&ベース、ピアノ&キーボード、ドラムスのスリーピースの演奏をバックに、デビュー・シングル「六本木星屑」をはじめ、「Why?~真夜中の予感~」「北国行き11:50」「あなたの花になりたい」、カバー曲から薬師丸ひろ子の「WOMAN~Wの悲劇より~」、李香蘭の「蘇州夜曲」、マイケル・フランクスの「アントニオの歌」、いしだあゆみの「さすらいの天使」、それに最新シングル「COME ON! COME ON!」など、アンコールを含めて全19曲を熱唱した。

伊藤美裕(その3)

 その中で、今年1年について「今年は、いろんなことにチャレンジしました。2月にエジプト、6月に台湾、9月にカリフォルニア、アメリカの西部に行き、いろんな人に出会い、日本では見られないような景色を見てきました。アメリカでは、国立公園の中で一泊しました。そこにテントを立てて、星を見ながら眠るという初めての体験をしました」と話していた。

 この後、今月16日に大阪・Soap Opera Classicsでワンマンライブを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる