*

■北野まち子がデビュー30周年記念パーティー。会場のファン400人に感謝の気持ちを込めて全16曲熱唱

公開日: : ニュース

伝説の音楽ディレクター・馬渕玄三氏のプロデュースによる「『包丁一代』歌手募集コンテスト」でグランプリを受賞し、平成元年8月2日、「包丁一代」でデビューして今年で30年目を迎えた演歌歌手・北野まち子(50)が11日、東京・港区の東京プリンスホテルでデビュー30周年記念パーティーを開いた。

北野まち子(その1)

30周年を迎え、「デビューして間もないころは、まさかこういう日が来るとは思ってもいなかったので、すごくうれしいです。この30年、レコード会社や事務所の移籍もあり、いろいろなことがありました。応援してくれていた家族が亡くなり、歌いたくないと思った時期もありましたが、全国の皆さまとのいい出会いがたくさんありましたし、私の歌を楽しみにしてくれる人がいつもそばにいてくれたので、それが私にとって一番の喜びです」と振り返りながら「今日は、いつもの元気のいい北野まち子の歌を皆さまにお届けできればということと、その中で2曲、初の生演奏(ギター、フルート、パーカッションの3人編成)で楽しんでいただければと思っています」。

北野まち子(その2)

 北は北海道から南は九州まで全国から約400人の熱烈なファンが詰めかける中、「平成元年に青森から東京に出てまいりまして、3年頑張ろう。3年頑張ったら5年頑張ってみよう…。そうこうしているうちに30年を迎えさせていただきました。何も知らない私ですけれど、たくさんの皆さまに支えていただき、応援していただきこの日を迎えさせていただくことができました。今日は、会場の皆さまのお顔を拝見して、たくさんの皆さまがいたから30年を迎えることができたんだなと、改めて実感することができました」と笑顔であいさつし、成人式で着ていた着物などを披露しながら11月7日発売の新曲で、デビュー30周年記念シングル「こころの灯り」をはじめ、デビュー曲「包丁一代」、キングレコード移籍第1弾シングル「おんな春秋」、バンドの生演奏をバックに前作シングル「冬酒場」、それに新曲のカップリング曲「能美の里から」など全16曲を熱唱した。

北野まち子(その3)

 新曲「こころの灯り」については「いまはいない愛する人を、小さな小さな幸せを支えに生きていく、そういった女性を歌っているんですが、私にとっても、いつも北野まち子を応援してくださる皆さまを心の支えにして歌の道で頑張っていけたらいいなと思っていますし、いろんな意味での心の支えになるような歌です。皆さんが心の支えにしていらっしゃる方を思い出しながらこの歌を聴いていただけたらうれしいですね」とアピール。

 そして、31年目に向けて「31年目の北野まち子を見ていただいて、たくさんの皆さまに『まち子ちゃんの歌で元気をもらった、勇気をもらった』と言っていただけたらいいですね。自分の歌に限らず、昭和や平成のいい歌がたくさんありますので、そういった歌もこれからたくさん歌っていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる