*

■デビュー40周年の岡ゆう子が同記念シングル「雪の花哀歌」発表会。作曲の岡千秋氏も応援に

公開日: : ニュース

今年でデビュー40周年を迎えた演歌歌手・岡ゆう子(61)が、キングレコードから9月26日にニュー・シングル「雪の花哀歌」を発売するのを記念して前日の25日、東京・赤坂のシュビアで新曲発表会を開いた。

岡ゆう子(その1)

好評を博した前作シングル「望郷貝がら節」に続く新曲で、昨年10月2日に亡くなった作詞家・仁井谷俊也氏(享年69)の遺作詞にヒットメーカー・岡千秋氏がメロディーをつけた40周年記念曲だ。

 この日は、大勢のマスコミ関係者が詰めかける中、「今回の『雪の花哀歌』は、私、岡ゆう子歌手生活40周年記念曲ということで、明日、26日に発売になります。今日はいち早く皆さまに聴いていただきますが、この40周年記念曲に一層、力が入っております。これから頑張る私の力になる作品になるような気がして、うれしいです。これからも声の続く限り歌い続けていきたいと思っています」と笑顔であいさつ。

岡ゆう子(その2)

 歌の内容については「はらはら、ひらひら雪が舞うとても美しい雪をテーマに、やがては溶けてしずくとなってゆくわけですが、二人の愛もせつなく、儚く消えていくという女性の好きになった女心を切々と歌った作品です」と説明。

 そんな記念曲をしっとりと情感たっぷりと歌い上げた後、同カップリング曲「望み川」も披露し、「カップリング曲のほうは、長年連れ添った夫婦が、これからも共に楽しく人生を歩んでいこうという温かい歌です」と紹介。

 今回の記念曲を作詞した仁井谷俊也氏の親族一同からは手紙が届けられ、その手紙には「一人の女性の想いを岡ゆう子さんの歌により一緒に感じて頂ければ幸いです。これからも皆様の心の中にこの詩(ものがたり)が生き続けてくれる事を願うばかりです」とつづられていた。

岡ゆう子(その3)

 会場には、新曲「雪の花哀歌」を作曲した岡千秋氏も応援に駆けつけ、「岡ゆう子さんの歌は何作か書かせていただいていますが、今回の歌が一番はまっているかなと思います。ゆう子さんの顔、スタイル、歌っている表情、声、その他がすべてこの40周年記念のCD化にあたって最適な歌に仕上がったような気がします。本当に素晴らしい作品が出来上がりました」とあいさつ。

 そして、最後に岡ゆう子は「実は、今日は私の誕生日でして、先ほどまで忘れておりました(笑)。気持ち的にはまだ55歳ぐらいです」と苦笑いしながら「40年も歌ってきたんだなあと、月日の早さに驚いています。小さいころから歌い手になるのが夢でしたので、大好きな歌を40年も歌い続けてこられたことに、これまでご支援くださったたくさんの方々に感謝の気持ちでいっぱいです」と目を輝かせていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる