*

■水森かおりが東京・中野サンプラザでメモリアルコンサート。昨年話題になった紅白の衣装を再現

公開日: : ニュース

最新シングル「水に咲く花・支笏湖へ」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)が12万枚突破とロングヒット中の演歌歌手・水森かおり(45)が9月25日、東京・中野区のサンプラザホールで「水森かおりメモリアルコンサート~歌謡紀行~」と銘打ったコンサートを開いた。

水森かおり(その1)

1995年にデビューして24年目を迎えたが、9月25日がデビュー日で、毎年、この日を記念してメモリアルコンサートを開催。

「今回のメモリアルコンサートは、いつも私のご当地ソングを作曲してくださっている作曲家・弦哲也先生が、このコンサートのために書下ろしてくださった『北国ひとり旅』という曲に挑戦させていただきます。セリフも入っていまして、演出も含めて、先生がすべて考えてくださいました、今年の夏休み中、ハワイで作ってくださったそうで、南国で北国の歌を…。今回、それを初披露させていただきます」

水森かおり(その2)

 約2000席の会場は、デビュー当時からの熱烈なファンを中心に満席の中、デビュー曲「おしろい花」をはじめ、9月19日発売の最新アルバム「歌謡紀行17~水に咲く花・支笏湖へ~」に収録の「夢色トレイン」・同「雨晴海岸」、弦哲也さんが書き下ろした「北国ひとり旅」、北海道を舞台にした昭和のヒット曲のカバーから都はるみの「小樽運河」、中島みゆきの「麦の唄」、オリジナルヒット曲から「ひとり薩摩路」「鳥取砂丘」、最新曲「水に咲く花・支笏湖へ」などを熱唱。

 そしてファイナルは、昨年の「第68回NHK紅白歌合戦」(15年連続15回目の出場)で着た衣装を再現。千手観音ダンスを取り入れ、直径5・4㍍の黄金の〝初日の出〟をバックに、15人のダンサーを従えて、高さ4㍍60㌢まで舞い上がり、宙づりになりながら前作シングル「早鞆ノ瀬戸」を披露し、全25曲のバラエティーに富んだプログラムで最後まで満員の観客を楽しませた。

水森かおり(その3)

 紅白衣装の再現については「ダンサーの数が25人から15人に減りました。宙づりになる時、上がるスピードが速くて、すごく気持ちよかったです。大みそかを思い出しました。今年の年明けからコンサートで宙づりはやらせていたんですけれど、そのたびに天女の気分で歌わせていただいています」と話していた。

 新曲の舞台になっている支笏湖のある千歳市でも北海道の大地震に見舞われたが、「千歳市は皆さん、元気に前向きに頑張っていらっしゃいますが、私も千歳市観光PR大使(第1号)として、一人でも多くの皆さんが北海道に観光に訪れていただけるように、北海道の魅力をこの歌を通じてこれからたくさん発信していきたい」と話していた。このメモリアルコンサートでも募金箱が設置され、集まった募金は北海道地震で被害に遭われた方へ届けられるという。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる