*

■水森かおりが北海道・千歳市で開催の夏祭り「スカイ・ビア&YOSAKOI祭」で新曲を披露

公開日: : ニュース

第26弾シングル「水に咲く花・支笏湖へ」(徳間ジャパンコミュニケーションズから3月20日発売)が、オリコンウィークリーランキング初登場総合8位(演歌・歌謡曲では1位)にランクインし、15作連続TOP10入りを果たして大ヒット中の演歌歌手・水森かおり(44)が7月16日、北海道・千歳市の千歳市役所駐車場で開かれた夏まつり「2018 スカイ・ビア&YOSAKOI祭」に初参加し、歌唱イベントを行った。

水森かおり(その1)

「スカイ・ビア&YOSAKOI祭」は、毎年、千歳の夏の風物詩として人気を集めており、全国から集結したYOSAKOIチームによるトーナメント&パレードをはじめ、空路交流都市によるPRステージ、キャラクターショーなど多彩な内容で展開。会場内には飲食ブースが出展し、3大ビールメーカーのビールや地ビールなどが味わえる夏のイベントで、7月14日から同16日までの3日間にわたって開催。

 そんな夏まつりに、今年5月に千歳市から「千歳市観光PR大使」(自身21カ所目の観光大使)に任命された水森が、最終日にゲスト出演。約2000人の地元ファンや観光客らがステージ前に詰めかける中、「出てきた瞬間から温かい拍手とすてきな笑顔で迎えていただきましてありがとうございます。私、『千歳市観光PR大使』第1号の水森かおりです。先月、『湖水まつり』で大使としての一つ目のお仕事をさせていただきまして、今日が2回目の大使としてのお務めでございます」とあいさつ。昨年のNHK紅白歌合戦で歌唱した前作シングル「早鞆ノ瀬戸」をはじめ、「鳥取砂丘」「釧路湿原」、新曲「水に咲く花・支笏湖へ」の全4曲を熱唱。

水森かおり(その2)

 その中で、「ご当地ソングも今度の新曲『水に咲く花・支笏湖へ』で100曲目になりました。これまで43都道府県の歌を歌わせていただきまして、まだ歌っていないところも残り少なくなってきました。ご当地ソングを歌わせていただくことになった最初のころは、『いつか47都道府県の歌が制覇できるように頑張ります』と冗談半分に言っていたのですが、いよいよ現実味を帯びてまいりました」と話していた。

 歌い終わってから支笏湖名物のヒメマスを試食し、「5月17日の新曲発売イベントのとき、支笏湖にヒメマスの稚魚を放流させていただきましたが、身がふわふわで、味は淡泊ですが、とてもおいしかったです」と笑顔を見せていた。

水森かおり(その3)

7月25日に同シングルのカップリング曲とジャケット写真が異なるタイプC、D、Eの3タイプも発売。9月19日には、ニュー・アルバム「歌謡紀行17~水に咲く花・支笏湖へ」を発売。その後、9月25日に東京・中野サンプラザホールで毎年恒例となっているメモリアルコンサートを開く。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる