*

■水森かおりが第26弾「水に咲く花・支笏湖へ」の舞台、北海道・支笏湖で新曲発売記念イベント。支笏湖にヒメマスの稚魚を放流

公開日: : ニュース

デビュー23年目を迎え、3月20日発売の第26弾シングル「水に咲く花・支笏湖へ」(詞・伊藤薫、曲・弦哲也、発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)が、オリコン・シングルランキング初登場総合8位(4月2日付)を記録し、15年連続トップ10位入りと絶好調の演歌歌手・水森かおり(44)が5月17日、北海道・千歳市の支笏湖&道の駅 サーモンパーク千歳で新曲発売記念イベントを行った。

水森かおり(その1)

今度の新曲は、愛をなくした女性が一人、日本有数の透明度を誇る日本最北の不凍湖「支笏湖」を訪れるせつない女心をうたったスケール感のある重厚な作品で、水森ならではの歌唱力で情感たっぷりに歌い上げ、大好評を博している。

水森かおり(その2)

 その新曲の舞台になっている支笏湖=周囲約40㌔、最大水深360㍍(平均水深265㍍)で、日本の湖では2番目の深度=を訪れ、地元の支笏湖小学校の生徒6人も参加する中、同湖の名産・ヒメマス(別名・チップ)の稚魚を放流。

水森かおり(その3)

 「地元の子どもたちと一緒にヒメマスの稚魚を放流して楽しい時間を過ごすことができましたし、この稚魚が大きく成長していくのが楽しみですね。稚魚を放流するのは、2012年、『ひとり長良川』のとき以来で、そのときは爆弾低気圧の日でしたので、今回はいいお天気に恵まれて本当によかったです。支笏湖に来たのは、今年1月にミュージックビデオで初めて訪れた以来、2度目です。マイナス14度の極寒の中での撮影でしたが、思ったよりも寒くはなかったです。これからが一番いい時期に入りますが、この支笏湖は水質が10年連続日本一とのことで、水が特にきれいですし、景色も雄大で美しいので、全国の方々に千歳市のPRに務めていきたいですし、私の歌を聴いていただいて、一人でも多くの方が千歳市、支笏湖に行ってみたいなと思っていただけたらうれしいです。今回、千歳市では第1号の観光PR大使=観光大使は21個目=に任命していただき、オリジナルのご当地ソングでは100曲目という記念すべき作品を歌わせていただくことになりましたが、お陰さまでいままで以上にファンの皆さんや業界の方々、そして若い方にも評判がいいので、これから歌っていくのがすごく楽しみです」

水森かおり(その4)

その後、「道の駅 サーモンパーク千歳」でミニステージ&握手会を開き、約600人の熱烈な地元ファンらが詰めかける中、「こんなにたくさんのお客さまの前で歌わせていただいてうれしいです。今日は、日本で一番好きな北海道にやってまいりました(笑)。北海道の歌はたくさん歌わせていただいているので、北海道は私にとって大事な故郷の一つだと思っています。今回は、この千歳市が舞台のこの歌で皆さんと永遠の絆を結んでいきたいのでよろしくお願いいたします」とあいさつし、前作シングル「早鞆ノ瀬戸」をはじめ、大ヒット曲「鳥取砂丘」、北海道・釧路湿原を舞台にした「釧路湿原」、ご当地では初披露の新曲「水に咲く花・支笏湖へ」の全4曲を熱唱。

水森かおり(その5)

また、千歳市副市長・横田隆一氏と千歳市観光連盟会長・瀧澤順久氏も駆けつけ、同市から「千歳市観光PR大使」を委嘱され、任命状が授与。横田副市長は「このたびは支笏湖を舞台にした新曲を歌っていただき、地元の人間として大変うれしく思っております。現在、千歳市の人口10万人突破を目指して市民の皆さんと一緒に町づくりを進めているタイミングに今回の新曲が発表されるということで、わが市を上げて応援させていただきたいと思います」。瀧澤会長は「水森さんの歌を聴かせていただき、感動で涙が出てきました。ぜひ大ヒットさせ、今年の紅白歌合戦のトリを飾っていただきたいと思います」と、水森に大きな期待を寄せていた。

なお水森は、デビュー記念日である9月25日に毎年恒例の「メモリアルコンサート~歌謡紀行~」を今年も中野サンプラザにて開催予定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる