*

■上野優華が「ベトナムフェスティバル2018」にて「ホイアン日本祭り観光親善大使」に任命

公開日: : ニュース

第2弾フルアルバム「U to You」(キングレコードから1月17日発売)がロングセラー中の歌手・上野優華(20)が、ベトナムの「ホイアン日本祭り観光親善大使」に任命されることになり5月19日、東京・渋谷区の代々木公園イベント広場で同任命式が行われた。
 この日と翌20日の両日、代々木公園で国内最大級の日越交流イベント・日越外交関係樹立45周年記念事業「ベトナムフェスティバル2018」が開催。

上野優華(その1)

ベトナムでは「天使」と呼ばれ、多くの現地人から愛されている上野は、昨年8月、「一日観光親善大使」としてベトナム・ホイアン市で開かれた「ホイアン日本祭り2017」に参加し、日越文化交流に花を添えた。

 そんな海外、ベトナムでも人気の彼女は、同国の民族衣装「アオザイ」を着て野外ステージに登場。ホイアン市から来日した副市長のグエン バン ソン氏(51)から同親善大使の任命状が手渡された。

上野優華(その2)

 同親善大使に任命された上野は「昨年は、一日観光親善大使として『ホイアン日本祭り』に参加させていただき、現地の方に大変優しくしていただきましたが、今年はこのイベントで『ホイアン日本祭り観光親善大使』として皆さんとたくさん交流ができればいいなと、このような機会がいただけて本当にうれしく思います」と笑顔を見せた。

 また、同イベントに駆けつけたホイアン市 文化・スポーツセンター社長のヴォ フン氏は「上野優華さんを観光親善大使に任命させていただき大変うれしく思っております。ホイアン市では彼女のことを『天使』と呼んでいます。そんな上野さんにこのイベントで日本とベトナムの友好関係をさらに深めていただきたい」と話していた。

上野優華(その3)

 その後、ライブコーナーでニュー・アルバムから「はじまりのうた」とリード曲「おはよう」の2曲を披露し、「今年も『ホイアン日本祭り2018』(8月開催)に出演させていただけるということで、ホイアンでも私の音楽が届けられるように、私の音楽で日本とベトナムをつなぐ架け橋になれるように頑張りたいと思います」とあいさつした。

 この後、5月27日に「ACOUSTIC LIVE TOUR 2018~Song with You~」を東京・全電通労働会館で行い、7月7日の徳島を皮切りに、同14日に名古屋、同15日に大阪、同20日に東京・渋谷CLUB QUATTROの全国4カ所で「DEBUT 5th ANNIVERSARY TOUR~」と銘打ったワンマンライブツアーを行う。

 デビュー日である7月24日にデビュー5周年を記念したベスト盤的BOXが発売。本人作詞・作曲にチャレンジした新曲も収録予定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が「DAM CHANNEL 演歌」の2代目ナビゲーターに就任。交代式で初代ナビゲーター・川野夏美からバトンタッチ

7枚目の最新シングル「佐渡の鬼太鼓」(徳間ジャパンコミュニケーションズ

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンが新宿歌舞伎町のホストクラブ「愛 本店」でファン20人限定の新曲ヒット感謝ミニライブ

第8弾シングル「ブリキの玩具(おもちゃ)」(詞・松井五郎、曲・浜圭介)

市川由紀乃(その4)
■市川由紀乃が川崎市の新城神社の「納涼盆踊り大会」にゲスト出演。25周年を祝う470個の提灯を見て大感激

デビュー25周年を迎え、最新シングル「うたかたの女」(発売・キングレコ

中村美律子(その2)
■中村美律子が新曲「弥太郎鴉」発売イベントで夏の風物詩・風鈴づくりに挑戦

86年に発売したデビュー曲「恋の肥後つばき」以来、70枚目となるニュー

氷川きよし(その6)

■氷川きよしがプロ野球「ヤクルト×広島戦」で始球式。新曲「勝負の花道」

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる