*

■青木美保が新曲「花海棠」発表会。「来年春には、私の『花海棠』で全国を満開にしたい」とヒットに意欲満々

公開日: : ニュース

五木ひろしにスカウトされ、1984年3月21日に「人生三昧」でデビュー。今年で34年目を迎えた演歌歌手・青木美保(50)が、ニュー・シングル「花海棠(はなかいどう)」(詞・麻こよみ、曲・岡千秋)をキングレコードから9月27日に発売したのを記念して10月10日、東京・赤坂のシュビアで新曲発表会を開いた。

青木美保(その1)

大勢のマスコミ関係者が詰めかける中、「9月27日に発売した新曲『花海棠』を、今日は皆さんにじっくりと聴いていただきたいと思います。こういう形で新曲のお披露目をさせていただくのは、今回が初めてです。復帰させていただいて=「痙攣性発声障害」で約10年間、歌手活動を休止=7年目になりますが、私の体調も含めて、所属事務所とキングレコードが一体となって『チーム青木』がすごくいい形で始動し始めているなと、そんな気がいたします」と笑顔であいさつ。

その新曲「花海棠」と同カップリング曲「おんな一輪 演歌節」の2曲を披露し、「『花海棠』はしっとりとした曲で、むくわれない恋というか、自分から身を引いていく女性の悲しい思いを花海棠の花が散っていく様にたとえて麻こよみ先生が書いてくださった詞に、岡千秋先生が、オーソドックスな演歌というよりは、ちょっと歌謡曲タッチの曲を作ってくださいました。また、カップリングの『おんな一輪 演歌節』は、岡千秋先生しか作れないような作品になっています」と紹介。

青木美保(その2)

「『この曲をいただくまで、私は『花海棠』という花を知りませんでしたし、『花海棠』の『棠』という字はふだん使いません。前作の『秋燕』のときも『燕』という字が難しくて書けなかったので、私の歌で皆さんに漢字の勉強もしていただけたらいいですね。本の題名と同じように曲のタイトルはすごく大事ですし、とてもインパクトのあるタイトルととてもすてきな曲を作っていただけて幸せです」

 会場に顔を見せた作詞家・麻こよみ氏は「昨年、『秋燕』を初めて青木美保さんに書かせていただき、担当プロデューサーの金原節夫さんから『せつない歌をお願いします』と言われましたが、今回は『もっとせつない歌を…』とお願いされましたので、本当は別れたくないのに泣きませんという、けなげさとか、かわいそうさとか、諸々、青木さんのお顔に合うようなフレーズをたくさん盛り込みました」と、創作秘話を明かした。

青木美保(その3)

 その後、同店のシェフが新曲をイメージして作った特製2段重ね弁当「花海棠弁当」を出席者全員で食し、青木は「とてもおいしかったです。こんなお弁当が駅弁にあったらいいなと思いました」と笑顔を見せた。

 最後に「これまでは、お休みしていた10年を何とか埋めなければと焦る気持ちがありましたが、今回は肩から力が抜け、落ち着いた形で歌がお届けできているのかなと思っています。花海棠は、ソメイヨシノが散ったぐらいに咲く花だそうですので、来年の春には全国を私の『花海棠』で満開になるようこの曲を大ヒットさせたい」と意欲を燃やしていた。

 来年2月17日に同曲を課題曲にしたカラオケ大会を開催。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる