*

■城之内早苗が徳間ジャパン移籍第1弾「よりそい蛍」発売記念イベント。林家ペー&パー子が応援に駆けつけ、振りも披露

女性アイドルグループ「おニャン子クラブ」から演歌歌手に転向して今年で33年目を迎えた城之内早苗(50)が、徳間ジャパンコミュニケーションズ移籍第1弾シングル「よりそい蛍」(詞・かず翼、曲・徳久広司)を9月26日にリリースしたのを記念して同日、東京・江戸川区のショッピングモール「アリオ葛西」で新曲発売記念イベントを開いた。

城之内早苗(その1)

今度の新曲は、主人公の女性を一匹の蛍にたとえ、愛する男性のそばで寄り添いながらも支え尽くし、その男性の夢や希望の道を照らしていこうとする健気で、優しくて、意思の強さをもった一人の女性の気持ちをワルツのリズムに乗せて歌い上げた作品だ。

城之内早苗(その2)

 約500人のファンや買い物客が詰めかける中、1986年6月発売のソロデビュー曲「あじさい橋」を歌った後、「平日のお忙し中、こんなにたくさんの皆さまが集まってくださってありがとうございます。おニャン子クラブでデビューしてから30数年になりますが、今日もこうして皆さまに歌を聴いていただけて本当にありがたいなと思います」と笑顔であいさつ。

城之内早苗(その3)

 続いて2015年11月発売の「おちょこ鶴」を歌ってからステージ上からシークレットゲストのお笑いタレント、林家ペー&パー子を見つけると、「もうびっくりしました」と驚き、ステージに上がったペーは「早苗ちゃんの応援に来ました。おニャン子のときからずっとファンです」。そんな芸能界のおしどり夫婦として知られるペー&パー子が、城之内が歌う3拍子の新曲「よりそい蛍」に合わせながら大きな団扇を使った振りを披露し、ステージを盛り上げた。

 その中で、有線放送の「週間USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング」(9月25日付)で第1位を獲得したことも発表された。

城之内早苗(その4)

 歌い終わって、城之内は「林家ペー&パー子さんは芸能界のおしどり夫婦でいらっしゃるので、『よりそい蛍』が登場してくださったなと思い、びっくりしながらもうれしかったです。今日が新曲の発売日なので、明るく楽しいスタートができてよかったです。今回のレコード会社移籍は、新たな第一歩としてスタッフの皆さんが頑張ってくださっているので、これからの城之内早苗をまた新しく見守っていただきたいなと思っています。年末? 紅白や大きな舞台に立つことなど夢はたくさんありますが、まずはこの『よりそい蛍』を1枚1枚売るところから頑張っていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる