*

■坂本冬美が原点に戻って31年ぶりに路上キャンペーン決行。サプライズに通行人たちは大喜び

公開日: : ニュース

デビュー32年目を迎えた演歌歌手・坂本冬美(51)が、故郷・和歌山をテーマにした4作品を収録したコンセプト・シングル「ふるさとの空へ」をユニバーサルミュージックから9月26日に発売したのを記念して同日、東京・浅草のヨーロー堂店頭で「誰もいない路上キャンペーン」と銘打ったゲリラライブを行った。

坂本冬美(その1)

同シングルは、彼女のルーツである故郷への感謝を込めてリリースしたもので、昨年12月に放送されたNHKの人気番組「新・BS 日本のうた」で、吉幾三が坂本冬美をプロデュースする企画があり、そこで和歌山の熊野古道をテーマに吉が詞と曲を書き下ろし、坂本が披露した「熊野路へ」をはじめ、出身地の和歌山・上富田町の町制施行60周年を記念して作られたイメージソング「ただいま故郷(ふるさと)」「鳳凰の町」、それに2015年開催の「紀の国わかやま国体」のイメージソング「明日へと」の4曲が収録。

 その発売を機に、デビューした当時の原点に戻り、無告知で無人の状況の中、浅草の中心地の路上でゲリラライブを決行することになったもの。

坂本冬美(その2)

 坂本が何の前触れもなくいきなり同店頭前の路上に現れ、同コンセプト・シングルの中からリード曲「熊野路へ」を歌い始めると、道行く人たちがぞくぞくと集まり、予期せぬサプライズに感激しながら同曲を歌う彼女の歌にじっと耳を傾けていた。

 歌い終わって、「デビューの年(1987年)以来、31年ぶりになります。レコード屋さんの店頭で歌わせていただくのは、歌手にとっての原点ですね。その当時は、全くの新人で、お客さまがいないし、誰も立ち止まってくれないので、どっちを向いて歌ったらいいのかわからなかったです。でも、演歌歌手が必ず通らなければいけない道だという感覚は持っていました。でも今日は、皆さんが立ち止まって聴いてくださっていたので、『ああ、31年が経ったんだな』と思いました」と笑顔を見せた。

坂本冬美(その3)

 新曲「熊野路へ」は「本当か嘘かわかりませんが、吉幾三さんが和歌山を旅して書いてくださった、ちょっとせつない歌です(笑)。愛する人と一緒に旅をした熊野路を、いまは一人さみしく歩いているという寂しいせつない歌です。ふるさとの景色が浮かびます。2番に出てくる『中遍路(なかへち)』という地名は、学生時代、初デートした場所です。吉さんが一生懸命作ってくださった曲ですし、ふるさとを歌った歌なので、何が何でもヒットさせたいですね」とヒットに意欲を燃やしていた。
 その後、同店2階で限定50人を招待したミニライブも開いた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる