*

■山川豊が東京・浅草公会堂で50代最後のコンサート。赤いジャケットなどを着て全39曲熱唱。ロビーでは「鳥羽伊勢の旅」写真展も同時開催

公開日: : ニュース

初めて自身の故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝して」(ユニバーサルミュージックから4月18日発売)が3万枚突破とロングヒット中の演歌歌手・山川豊(59)が9月16日、東京・台東区の浅草公会堂で50代最後のコンサートを開いた。

山川-豊(その1)

開演前、「今日は、還暦に合わせて赤いジャケットを着てきました」と気合十分で、「今日のコンサートは、新曲『今日という日に感謝して』をメインに、いままでの作品ももちろん歌わせていただきますが、和があったり、洋があったり、それぞれの作品にアレンジを加えて歌わせていただきます。ロックっぽくいろいろと歌わせていただく予定なので、ヨロシク!」と大張り切り。

 約1000人のファンで満席の中、「三連休の中、山川豊の50代最後のコンサートにたくさんの方にお越しいただき心より感謝申し上げます」とあいさつし、白いスーツ姿で「ときめきワルツ」「愛待草より」「流氷子守歌」を歌唱したあと、昭和の名曲カバーから「船頭小唄」「丘を越えて」「港町十三番地」「黒い花びら」「夜霧よ今夜もありがとう」などをメドレーで披露。紺の着物姿で「しぐれ川」「夜桜」、赤いジャケット姿で「アメリカ橋」「ニューヨーク物語り」、デビュー曲「函館本線」、純愛シリーズ第1弾「螢子」、同第2弾「再愛」、同第3弾「黄昏」、それに再度、新曲「今日という日に感謝して」など全39曲を熱唱。

山川-豊(その2)

 その中で、「目標は70歳。でも声が続く限り歌っていきますよ」と、さらなる歌への意欲を燃やしていた。
 また、出身地の三重・鳥羽市の海女さんが3人、応援に駆けつけ、花束をプレゼント。山川を大いに感激させた。

 今年10月15日に「還暦」を迎える山川は「年々、ふるさとが恋しくなり、初めて自分のふるさとを歌った新曲『今日という日に感謝して』を出させていただきました。ユーチューブでは約38万回も再生されているそうで、本当にうれしいですね。この曲を大ヒットさせ、ふるさとに恩返しがしたいです」と大ヒットに意欲を燃やしていた。

 山川本人に内緒で、事務所の後輩である田川寿美、水森かおり、氷川きよしの3人からは60本の赤いバラとお祝いメッセージが贈られ、山川は大感激していた。

山川-豊(その3)

 この日は、同会場ロビーで、三重県庁、鳥羽市役所、鳥羽市相差町内会の全面協力による「今日という日に感謝して」で巡る「『鳥羽伊勢の旅』写真展」も同時開催。コンサートと合わせて来場者たちの目をさらに楽しませていた。

 山川は、10月10日にアルバム「前曲集 今日という日に感謝して」を発売。来年1月からは、後輩歌手の田川寿美、水森かおり、氷川きよしの3人とともに、コンサートイベント「長良グループ・新春豪華歌の祭典2019」に出演予定。福岡・大阪・東京の3カ所にて開催する。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる