*

■最上川司が新曲発売記念ライブ。キッズダンサーズと一緒に踊りながら熱唱。冷たい肉そばも完成間近

公開日: : ニュース

1年9カ月ぶりのニュー・シングル「司の冷たい肉そば音頭」(詞・最上川司、曲・新屋豊)が好セールス中の世界初、新型ビジュアル系演歌歌手・最上川司(年齢非公表)が8月19日、東京・池袋のカラオケパセラ池袋本店グレースバリで「最上川司の決起集会~夏だ!恋恋!盆踊り祭り~」と銘打った新曲発売記念ライブを開いた。

最上川司(その1)

彼は、出身地、山形・河北町の名物「冷たい肉そば」が小さいころから大好きで、それを愛するあまり自らがお持ち帰り用の「冷たい肉そば」の新商品をプロデュース(9月下旬発売予定)。そのテーマソングとして「司の冷たい肉そば音頭」という異色タイトルの軽快な音頭ものを第4弾シングルとして8月1日にユニバーサルミミュージックから発売。

最上川司(その2)

 80人限定のライブで、熱狂的な女性ファンらの熱い声援が飛び交う中、「いま日本では台風が発生したり、いろいろございますけれども、最上川司旋風でどんどん対抗してまいりたいと思っております。どうぞ最後の最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたします」とあいさつし、新曲「司の冷たい肉そば音頭」をはじめ、同カップリング曲「恋の街」、2015年6月10日発売のデビュー・シングル「まつぽいよ」、2016年2月3日発売の第2弾シングル「ひとひらの桜」、同10月12日発売の第3弾シングル「君の胸の中に」など全12曲を熱唱。

最上川司(その3)

 その中で、重大発表と称して「(健康のために大好きな)ジュースを飲むのをやめます」と宣言。「これが2つ目の重大発表ですが、1つ目の(デビュー2カ月前に宣言した)禁煙はいまも守っています。いまも煙草は吸っていません。皆さんの前で約束すると守れると思いますので…」と話していた。

 ファイナルは、女子6人によるキッズダンサーズをバックに新曲「司の冷たい肉そば音頭」を、盆踊りを彷彿させる賑やかなステージで盛り上がり、「キッズダンサーズの皆さんと踊るのが夢の一つだったので、その夢が叶えられてうれしかったです」と感激しながら「今度の新曲を大ヒットさせ、一日も早く紅白のステージに立ちたいです」と意欲を燃やしていた。

最上川司(その4)

 歌い終わって、「今日は感極まって、泣きそうになりました。新曲の手ごたえ? 初めての土地に行っても皆さんがすぐに踊ってくださいますし、手ごたえは十分感じています。この歌はお祭りにもよく似合うので、ぜひ全国のお祭りに呼んでいただきたいですね。『冷たい肉そば』は冬にも好んで食べますから…。いま『冷たい肉そば』を開発中ですが、THE MICRO HEAD 4N‘S(マイクロヘッドフォンズ/演歌歌手と並行して活動中のビジュアル系ロックバンドでドラムス担当)のメンバーたちにも試食してもらって『おいしい』と言ってくれているので、もう間もなく完成です」と笑顔を見せていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる