*

「お祭りマンボ」を歌唱し人気急上昇!! 「みちのく娘!」美空ひばりさんへ墓前報告。

東北出身の女性演歌歌手、工藤あやの(24)、津吹みゆ(22)、羽山みずき(26)の3人で結成した「みちのく娘!」が26日、横浜・日野公園墓地にて美空ひばりさんの墓前に、ひばりさんの名曲を歌い継ぐことを報告した。

0626墓前報告

このユニットは5月放送のNHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」で美空ひばりさんの「お祭りマンボ」を披露したところ、所属レコード会社に「CDリリースは?」「ライブはどこで観れるのか?」と問合せが殺到。
これを機に本格的な活動を決意、11月にはCDリリースも予定している。

この話題のユニットは花柳流の師範で美空ひばりさんと姉妹弟子の関係でもある花柳糸之さんのもとで猛レッスン中。
今後もひばりさんの名曲を歌い継ぐ決意を伝えるべく、墓前報告を行った。

工藤は「ひばりさんの歌声を聞いて育ってきました。今回、みちのく娘!としてご挨拶できて嬉しかったです」津吹も「大きな時代を作り上げた偉大な方の素晴らしい歌を受け継いでいけるように頑張ります。」羽山は「これからも3人で、ひばりさんの名曲にどんどん挑戦していきたい」と意気込を語った。

ひばりさんの息子・加藤和也さんからは
「素朴さ、一生懸命さの伝わる『みちのく!三人娘』さんに、若き日の母の歌を歌ってもらえるのは非常に楽しいです。また花柳流では母と姉妹弟子の花柳糸之先生が振り付けされている事で、時代を越えて当時の明るさが伝わるのが嬉しいです。」応援の言葉をいただいている。

尚、6月28日(木) には神奈川県相模原市で行われる、NHK BSプレミアム「新・BS日本のうた」の収録に出演、新たな名曲にチャレンジする。

(徳間ジャパンコミュニケーションズ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる