*

■成底ゆう子が東京・南青山マンダラでワンマンライブ。新曲があらゆるスポーツの応援ソングとして話題沸騰中

公開日: : ニュース

「ふるさとからの声」でキングレコードからメジャーデビューして8年目を迎え、今年2月21日発売の最新シングル「ダイナミック琉球~応援バージョン~」があらゆるスポーツの応援ソングとして話題沸騰中の沖縄・石垣島出身のシンガー・ソングライター、成底ゆう子(42)が6月9日、東京・港区の南青山マンダラで「結歌(ゆんた)LIVE2018」と銘打ったワンマンライブを開いた。

成底ゆう子(その1)

新曲は、高校サッカーやラグビーなど様々な応援シーンで使われ、日本を代表する国民的応援歌としての期待が大きく、ユーチューブでのPV再生回数が230万回を突破。「この曲で、日本を代表する応援歌に育つよう大切に歌っていきたい」と、いつもに増して新曲への意気込みが強く、今回のライブは「沖縄や三線の曲を歌わせていただきますが、魂を揺さぶるような力強いライブにしたい」と大張り切り。

 そんな話題曲を引っ提げてのライブに約120人の熱烈なファンが詰めかけ、満席の中、ピアノや三線の弾き語りを交えながら初披露の新しい曲「風になれ」をはじめ、「伝え歌」「ふるさとからの声」「月光」「赤瓦の家」「美ら島」、それに「ダイナミック琉球」など、Wアンコールを含めて全21曲を熱唱した。

成底ゆう子(その2)

 その「ダイナミック琉球」がいま応援歌として大きな注目を集めていることについて、「私自身がとても驚いています。この曲は、頑張れとか、応援しているという言葉が一つも入っていなくて、これだけ誰かを応援しようという気持ちにさせてくれるのは、歌の持つ力だと思うんです。この曲は、毎回、ライブで歌うと会場が一つになるんです。人と人の魂と魂、心と心がつながるような力を持っている曲だからこそスポーツの応援歌として広まっていっているんじゃないかなと感じています」と自ら分析。

成底ゆう子(その3)

 スポーツも大好きな彼女は「かつてチアガールをやっていまして、高校野球やサッカーの応援をしていました。2020年の東京オリンピック? すごく意識しています(笑)。この『ダイナミック琉球』はすごい力を持っている歌なので、日本人の強さを引き出してくれると思うんです。この歌で、日本人の強さ、誇り、繊細さなどを伝えていけたらいいなと思っています」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる