*

■氷川きよしが東京・新橋SL広場でニュー・アルバム発売記念イベント。サラリーマンやファンら約5000人が殺到

公開日: : ニュース

今年でデビュー19年目を迎え最新シングル「勝負の花道」が大ヒット中の演歌歌手・氷川きよし(40)が5月28日、東京・港区の新橋SL広場、ラ・ピスタ(ステージファロ)でニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション7―勝負の花道―」発売記念イベントを行った。

氷川きよし(その1)

同アルバムは、現在ヒット中の新曲「勝負の花道」を含むオリジナル6曲と名曲カバー6曲を収録し、ボーナストラックとして「勝負の花道~音頭」を合わせた全13曲収録。Aタイプ「初回完全限定スペシャル盤」(3333円+税)=特典MV「のんき節」「咲いてロマンティカ」の2作品を収録したDVD付き=とBタイプ「通常盤」(2870円+税)の2タイプがあり、日本コロムビアから5月29日に発売。

 新曲「勝負の花道」は、全世代に向けた王道の応援歌として大きな話題を呼んでいるが、この日は、サラリーマンのメッカとも言われている同所で発売イベントを行うことになったもの。

氷川きよし(その2)

 SL広場前には、仕事帰りのサラリーマンや熱烈な中高年女性ファンら約5000人が集まる中、ジャケットから靴まで全身、ショッキングピンクで身を包んだ氷川は「今回のアルバムは、『きよしの人生太鼓』から始まりまして、歌謡ポップス的な作品も入ったバラエティー豊富なアルバムになっています。ぜひお聴きください」とあいさつし、「きよしのズンドコ節」をはじめ、フジテレビ系アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」オープニング曲「ゲゲゲの鬼太郎(TVサイズ)」、同アルバムのボーナストラックに収録の「勝負の花道~音頭」、同アルバムに収録の昭和の名曲カバーから美空ひばりの「真赤な太陽」、同オリジナル曲「きよしの人生太鼓」、新曲「勝負の花道」の全6曲を熱唱した。

氷川きよし(その3)

 歌い終わって、「週の始めのお忙しい中、こんなにもたくさんの方に来ていただけてうれしいです。今回のアルバムは、2001年から始まった『新・演歌名曲コレクション』シリーズの第7弾ですが、いろんなタイプの演歌や歌謡ポップス的な曲が入ったバラエティーに富んだアルバムになっています。その中に入っている『みちづれ』は、初めて歌わせていただいた曲ですが、夢に出てきて、夢の中で口ずさんでいた作品です。オリジナルの歌い手さんの歌はすごい。カバーさせて頂くととても勉強になります。その時代に大ヒットした曲ですので、自分もその時代背景が見えるような曲をオリジナルでも歌っていきたいと思っています。演歌というジャンルの枠にとらわれないで音楽を楽しんでいきたいですし、自分にしか表現できないような歌を歌っていきたい」と話していた。

氷川きよし(その4)

 この後、翌29日に名古屋・アスナル金山、6月3日に大阪・ツイン21アトリウムで同記念イベントを開催。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる