*

■氷川きよしが東京・新橋SL広場でニュー・アルバム発売記念イベント。サラリーマンやファンら約5000人が殺到

公開日: : ニュース

今年でデビュー19年目を迎え最新シングル「勝負の花道」が大ヒット中の演歌歌手・氷川きよし(40)が5月28日、東京・港区の新橋SL広場、ラ・ピスタ(ステージファロ)でニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション7―勝負の花道―」発売記念イベントを行った。

氷川きよし(その1)

同アルバムは、現在ヒット中の新曲「勝負の花道」を含むオリジナル6曲と名曲カバー6曲を収録し、ボーナストラックとして「勝負の花道~音頭」を合わせた全13曲収録。Aタイプ「初回完全限定スペシャル盤」(3333円+税)=特典MV「のんき節」「咲いてロマンティカ」の2作品を収録したDVD付き=とBタイプ「通常盤」(2870円+税)の2タイプがあり、日本コロムビアから5月29日に発売。

 新曲「勝負の花道」は、全世代に向けた王道の応援歌として大きな話題を呼んでいるが、この日は、サラリーマンのメッカとも言われている同所で発売イベントを行うことになったもの。

氷川きよし(その2)

 SL広場前には、仕事帰りのサラリーマンや熱烈な中高年女性ファンら約5000人が集まる中、ジャケットから靴まで全身、ショッキングピンクで身を包んだ氷川は「今回のアルバムは、『きよしの人生太鼓』から始まりまして、歌謡ポップス的な作品も入ったバラエティー豊富なアルバムになっています。ぜひお聴きください」とあいさつし、「きよしのズンドコ節」をはじめ、フジテレビ系アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」オープニング曲「ゲゲゲの鬼太郎(TVサイズ)」、同アルバムのボーナストラックに収録の「勝負の花道~音頭」、同アルバムに収録の昭和の名曲カバーから美空ひばりの「真赤な太陽」、同オリジナル曲「きよしの人生太鼓」、新曲「勝負の花道」の全6曲を熱唱した。

氷川きよし(その3)

 歌い終わって、「週の始めのお忙しい中、こんなにもたくさんの方に来ていただけてうれしいです。今回のアルバムは、2001年から始まった『新・演歌名曲コレクション』シリーズの第7弾ですが、いろんなタイプの演歌や歌謡ポップス的な曲が入ったバラエティーに富んだアルバムになっています。その中に入っている『みちづれ』は、初めて歌わせていただいた曲ですが、夢に出てきて、夢の中で口ずさんでいた作品です。オリジナルの歌い手さんの歌はすごい。カバーさせて頂くととても勉強になります。その時代に大ヒットした曲ですので、自分もその時代背景が見えるような曲をオリジナルでも歌っていきたいと思っています。演歌というジャンルの枠にとらわれないで音楽を楽しんでいきたいですし、自分にしか表現できないような歌を歌っていきたい」と話していた。

氷川きよし(その4)

 この後、翌29日に名古屋・アスナル金山、6月3日に大阪・ツイン21アトリウムで同記念イベントを開催。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる