*

■杉山清貴がデビュー35周年を記念して東京・日比谷野音でオメガトライブが再集結

公開日: : ニュース

キングレコードから5月16日にニュー・アルバム「MY SONG MY SOUL」を発売するシンガー・ソングライター、杉山清貴(58)が5月5日、東京・千代田区の日比谷野外大音楽堂で「SUGIYAMA,KIYOTAKA The open air live”High & High 2018”」と銘打った野外ライブを開いた。

杉山清貴(その1)

1983年4月、杉山清貴&オメガトライブとして「SUMMER SUSPICION」(85年12月に解散)でデビューして今年で35周年=ソロデビューは86年5月=を迎えるが、毎年恒例の日比谷野音での今年のライブは、そのオメガトライブのオリジナルメンバー=杉山清貴(ボーカル)、高島信二(57、ギター)、西原俊次(58、キーボード)、大島孝夫(57、ベース)、廣石恵一(57、ドラムス)、吉田健二(57、ギター)=が再集結してのスペシャルライブとして行うことになったもので、杉山清貴&オメガトライブとして野音で行うのは今回が初めて。

杉山清貴(その2)

 解散後から多くのファンたちから再集結の要望があったそうだが、「35周年イヤーの今年は、昔のみんなで集まってライブをやってみたいねという話が出まして、それが実現できてうれしいです。オメガトライブで活動していた時期はわずか2年8か月しかなくて、僕たちのステージが見られなかった方もたくさんいると思いますので、そんな人たちにも今日のライブでおもいっきり楽しんでもらえたら…」と感激もひとしお。

杉山清貴(その3)

 会場には約3000人の熱烈ファンが詰めかけ、1曲目から総立ちで熱い声援が飛び交う中、杉山は「今日は(オリジナルメンバーの)みんながこうやって集まってくれたのもうれしいですけれど、誰一人として欠けることなく、当時と同じ音や声を聴かせることができる、こんな幸せなことはありません」と笑顔であいさつし、オメガトライブ時代のヒット曲から「SUMMER SUSPICION」をはじめ、「君のハートはマリンブルー」「ふたりの夏物語」など全18曲を熱唱した。

 その中で、オメガトライブで来年2月2日の静岡・三島市民文化会館を皮切りに、同8・9日の東京・中野サンプラザホールを経て、4月21日の神奈川県民ホール大ホールまで全国12カ所(全13公演)のツアーを開催することを発表。

杉山清貴(その4)

 また、オープニングでは、アマチュアバンド「きゅうてぃぱんちょす」のころのメンバーも駆けつけ、その中には、現在は世界的な作曲家として活躍中の千住明がキーボードを演奏して、杉山が「乗り遅れた747」を披露するシーンもあり、最後まで満員のファンを楽しませた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その2)
■水森かおりが第26弾「水に咲く花・支笏湖へ」の舞台、北海道・支笏湖で新曲発売記念イベント。支笏湖にヒメマスの稚魚を放流

デビュー23年目を迎え、3月20日発売の第26弾シングル「水に咲く花・

辰巳ゆうと(その5)
■20歳の現役大学生演歌歌手・辰巳ゆうとが、歌の原点・赤羽で限定100人のファンと初めてのふれあいイベント

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチコピーに今年1月17日にビクターエ

大川栄策(その4)
■大川栄策が「大川栄策歌謡塾」主催による2回目のカラオケ発表会&ショー。歌唱指導も披露

今年でデビュー50周年を迎え、100枚目のニュー・シングル「夜霧の再会

杉山清貴(その3)
■杉山清貴がデビュー35周年を記念して東京・日比谷野音でオメガトライブが再集結

キングレコードから5月16日にニュー・アルバム「MY SONG MY 

山内惠介(その3)
■山内惠介がセルフプロデュースによる熱唱ライブツアーの初日を浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーで一人芝居も

昨年は「NHK紅白歌合戦」に3年連続出場を果たし、デビュー18年目を迎

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる