*

■演歌男子たちの意外な素顔を暴露!?人気トークバラエティー第5弾『スクープ!演歌男子。』が4月スタート

公開日: : ニュース , ,

CS放送「歌謡ポップスチャンネル」で放送されているトークバラエティー番組『演歌男子。』のシリーズ第5弾として、新番組『大鵬薬品スペシャル「スクープ!演歌男子。」』が4月からスタートする。その初回収録が3月7日、都内のスタジオで行われ、出演した松原健之(38)、純烈、真田ナオキ(28)の3組が取材に応じた。

松原・純烈・真田(その1)

5年目となる今回のテーマは、「演歌男子のタレコミ情報」。番組には、超一部地域でひっそりと発売されているという架空の雑誌「スクープ!演歌男子。」が登場。そこには、演歌・歌謡界で活躍するイケメン歌手たちについて、マネージャーなどの関係者から寄せられたスクープ・噂・タレコミ情報が掲載されており、毎回3組の歌手がその雑誌を持ち寄ってトークを展開。情報の真相を本人から聞き出しながら、演歌男子たちの意外な素顔を暴くというものだ。

 多くの歌手から慕われ、演歌界の兄貴的存在の松原は「演歌男子も第5弾。番組がこんなに続いて、演歌男子という言葉が広がっているのは幸せなこと。これからも、レコード会社や事務所などの垣根も取り払って、みんなで切磋琢磨して、相乗効果で演歌を盛り上げていくムーブメントが広がっていくとうれしい。いま純烈が紅白にいちばん近いところにいるので、ぜひ突破口になってもらいたい」と期待を寄せた。

 “スーパー銭湯アイドル”として話題の歌謡コーラスグループ・純烈のリーダー酒井一圭(42)は「この番組がなかったら、僕らは日の目を見ることもなく引退していたかもしれない。それくらいありがたい存在です。この番組の先輩である山内惠介さんや三山ひろしさんが紅白に出たように、僕らもいずれ紅白に出るくらいのヒットを出して、次の新しい演歌男子が育っていくようになってほしい。僕らも『男子』と呼ばれるには明らかにキツイ年齢ですけど(笑)。今日は他の番組ではまず出ない、演歌男子ならではの赤裸々な話がたくさん出ましたけど、僕たち純烈にNGはないので大丈夫です!」と番組への感謝を述べた。

松原・純烈・真田(その2)

 デビュー2年目のイケメン歌手、真田ナオキは「先輩方にトークでいじってもらえるのが、僕ら新人にはすごくうれしいこと。演歌男子の先輩方が作ってくださった道筋を、僕ら新人がたどらせていただいている形なので、これからもっと力をつけて、先輩方や、応援してくださっている人たちに恩返しできるよう一歩ずつ頑張っていきます」と語った。

 「演歌男子。」シリーズは、2014年にスタート。演歌・歌謡界で活躍する若手イケメン歌手たちがプライベートなトークをしたり、クイズやゲームに挑戦したりと、普段は見ることのできない素顔に迫るトークバラエティー番組。これまで「演歌男子。」「演歌男子。2」「演歌男子。3」「プレゼン!演歌男子。」と続いて人気を集めているほか、「演歌男子。フェスティバル」「演歌男子。学園祭LIVE」などのイベントも開催した。

 『スクープ!演歌男子。』は4月12日(木)スタート。毎月の第2・4木曜日の午後4時30分からCS放送「歌謡ポップスチャンネル」で放送。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
北川裕二(その3)
■デビュー35周年の北川裕二が新曲「やめとくれ!!」カラオケ決勝大会。福島県の大波利春さんが優勝

 デビュー35周年を迎えた演歌歌手・北川裕二(65)が、キングレコード

バブリーたまみ(その3)
■ママ界のエンターテイナー、バブリーたまみがデビューCD発売前に親子たち50人の前でお披露目ライブ

いまインスタで大人気のママ界のエンターテイナー、バブリーたまみ(30)

ビリー・バンバン(その1)
■兄弟デュオ、ビリー・バンバンが50周年記念コンサート。浜口庫之助夫人・真弓さん、せんだみつお、石坂浩二らがお祝いに

1969年、大ヒット曲「白いブランコ」でデビューして今年で50周年を迎

森山愛子(その3)
森山愛子が東京・深川不動堂で新曲「尾曳の渡し」ヒット祈願&フリーライブ。ご当地ソング第2弾

今年でデビュー16年目を迎える演歌歌手・森山愛子(34)が、5月8日に

北川裕二(その3)
■北川裕二がデビュー35周年記念ディナーショー。師匠の作曲家・弦哲也さんとデュエットも披露

21枚目の最新シングル「やめとくれ!!」(詩・かず翼、曲・弦哲也、発売

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる