*

■奥村チヨが最後のリリースとなるアルバム「ありがとう~サイレントムーン~」発売記念イベント。年内で歌手活動を卒業

公開日: : ニュース

「恋の奴隷」「終着駅」などの大ヒット曲で知られ、1965年のデビューから52年間にわたって第一線で活躍してきた歌手・奥村チヨ(71)が、今年1月に「2018年いっぱいで歌手活動を卒業する」ことを発表し、最後のアルバム「ありがとう~サイレントムーン」をユニバーサルミュージックから1月24日に発売したのを記念して3月4日、東京・渋谷区の代官山蔦屋書店でトーク&サイン会を開いた。

奥村チヨ(その1)

同卒業アルバムは、CDとDVDの2枚組で、CDには、デビュー時からの代表的ヒットナンバーに加えて、今回、夫で作曲家・浜圭介さんが書き下ろした新曲「サイレントムーン」(詞・渡辺なつみ)の全16曲(そのうち1曲は「サイレントムーン」のカラオケ)が収録。DVDには、「サイレントムーン」のミュージックビデオや1960年代~70年代の貴重なヒストリービデオを収録。

 同店には、往年のファンから若い人たちまで幅広い年齢層の熱烈なファン約100人が詰めかけ、客席から「チヨちゃ~ん!」という熱い声援も飛び交う中、「私の最近の若いファンは6歳です。『恋の奴隷』でブレークしたときからのファンの人が岡山から来てくださったりして、もう大感激です」と笑顔を見せながらデビューから今日に至るまでの歴史を紐解きながらのトークを披露した。

奥村チヨ(その2)

 その後、当初予定されていなかった歌も披露。同アルバムから大ヒット曲「終着駅’95」(1995年に発売のオーケストラバージョンによるアレンジ)と新曲「サイレントムーン」の2曲を熱唱し、「『終着駅’95』は、クラシック界で有名な千住明先生がアレンジしてくださり、スタジオでフルオーケストラと同時に歌ったんですけれど、あのときは感激で鳥肌が立ちました。そんな贅沢なレコーディングをさせていただき、私の宝物になりました。また、新曲の『サイレントムーン」は、ちょっとポップな感じで、英語のフレーズもある曲です。幅広い年齢層の方々に聴いていただけるような曲です。私は何十年と長く歌ってきても、自分自身が『終着駅』とはまた違った感動できる歌になかなか出合えなかったところにようやく出合えた作品です。この歌と出合ったことで歌手を卒業する決心をしました」と話していた。

奥村チヨ(その3)

イベント終了後、「歌手をやめることがこんなにも反響が大きいとは思ってもいなかったので、つらいですね。でも、自分の中ではやりきったという感じです。あとの残りの人生を大事に自然体に生きていきたいです。友人がたくさんいるハワイに行ったり、大好きなヨーロッパ旅行もしてみたい。人生をおもいっきりエンジョイしたい」と笑顔を見せていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる