*

■杜このみが観光大使を務める茨城・境町の「第25回境達磨市」で新曲「くちなし雨情/函館夜景」を初披露。境町長・橋本正裕さんから熱いエールを

公開日: : ニュース

演歌歌手・細川たかしの愛弟子で、2013年5月にテイチクエンタテインメントからデビューして5年目を迎えた演歌歌手・杜このみ(28)が7日、茨城・境町の境町役場前で開催の「第25回境達磨市」にゲスト出演し、1月24日発売の第6弾シングル「くちなし雨情/函館夜景」(両A面シングル)を初披露した。

杜このみ(その1)

境達磨市は、昔の境町の伝統行事だった晦日市や二日市を、町の活性化を図るために復活。早春の境町を飾る風物詩として毎年、町中に春の訪れと福をもたらしており、今年で25回目。杜にとって「境達磨市」は、昨年11月15日に同町の「境町観光親善大使」に任命されてから初のイベント。

 約1万人の地元ファンや観光客らが詰めかける中、2013年5月発売のデビュー曲「三味線わたり鳥」を歌った後、「新年あけましておめでとうございます。私の出身地は北海道札幌市ですが、昨年9月に師匠・細川たかしさんのコンサート『境町いきいき福祉大会』にゲスト出演させていただいた際、見に来てくださった皆さまが『細川たかしさんは日本の演歌のスーパースターだから、その愛弟子の杜このみちゃんをこの境町からスターにしようじゃないか』と言ってくださいまして、観光親善大使をさせていただくことになりました。この境町という素晴らしい町を日本中の皆さまにPRできるように一生懸命頑張ってまいります。とは言っても、境町に来させていただくのは今回で4回目です。まだまだわからないことばかりですが、実際に行ってみて、自分で境町のいいところを見つけながらPRする、そんな実践型の観光大使になっていけたらいいなという気持ちです。これから境町の皆さまともっともっとふれ合って、皆さまとの絆を深めていける素晴らしい温かい2018年にしていきたいなと思っています」と笑顔であいさつ。

杜このみ(その2)

 続いて新曲「函館夜景」、昨年発売のシングル「鴎の海峡」、前作シングル「残んの月」、それにもう1曲の新曲「くちなし雨情」の全5曲を熱唱し、「両A面シングルの『くちなし雨情』は、ほっこりするような可愛らしい作品です。もう1曲の『函館夜景』は、すごくドラマチックな作品でして、イントロからカラオケファンの皆さまに歌いたいなと思っていただけるようなカッコいい情熱的なメロディーに仕上がっていますので、ぜひ応援していただけたらうれしいなと思います」。

杜このみ(その3)

 また途中、境町長・橋本正裕さんが応援に駆けつけ、杜に達磨を贈呈しながら「今年の年末の紅白は出られるんじゃないかなと期待しておりますので、境町一丸となって応援させていただきます」と熱いエールを送り、杜も「境町は温かい方ばかりで、来させていただくたびに温かい気持ちで、胸がいっぱいになって帰ることができる、それが第一の境町の魅力です。今度の新曲を大ヒットさせ、年末の30日、31日が大忙しになるよう頑張ってまいりますので、これからも応援よろしくお願いいたします」と、新曲のヒットに意欲を燃やしていた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる