*

■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

公開日: : ニュース

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月22日発売=がオリコン演歌 歌謡曲ランキング初登場1位を獲得してヒット中の演歌歌手・市川由紀乃(41)が2日、石川・金沢市を訪れ、主計町茶屋街にある「町屋金沢 菊乃や」で書に挑戦した。

市川由紀乃(その1)

昨年は、デビューのときからの夢だった「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たしたが、今年はさらなる飛躍の年を目指し、いまの思いを漢字一文字に託してみたいとして書道にチャレンジすることになったもの。

 彼女が選んだ漢字は、極めてみたいと願う「演歌道」の「道」――。書道家・加藤華京さん(華凜会主宰)からレクチャーを受け、毛筆と墨を使って何枚も半紙を使いながら点画の練習をした後、「道」という一文字を市川らしいきりりとした筆文字で表現し切った。

市川由紀乃(その2)

 加藤さんは「堂々としていて、立派な字ですね。市川さんがこれから行きたいと願っている『道』が見事に表現されていると思います。まだお若いし、迷いもあるんだなという気持ちは出ていますが、これだけ堂々と書かれる初心者の方はなかなかいません。ふつうは先生の手助けがほしいという方が多いのですが、市川さんはその手助けなしにご自分なりにしっかりと書かれ、自分でやらなければという気持ちがこの『道』という字にはすごく出ていて素晴らしいです」と絶賛。

 小学校1年から6年まで書道教室に通っていたが、それ以来の久しぶりの書道体験に市川は「演歌の『道』を歩んでいくという自分の覚悟、気持ちを込めて書いてみました。いままで平坦な道ばかりではなかったのですが、その道を自分がいかに歩いて行くかということをデビューして24年間の中で教えてもらいましたので、これからはできるだけ緩やかな道を歩いて行きたいですね。でも、そんな緩やかな道ばかりだと自分自身の身にならないことがたくさんあると思いますので、あえて来た道を自分の中でまっすぐに歩いて行きたいという思いで書きました」。

市川由紀乃(その3)

 自己採点すると、「少し高めで、70点ぐらいでしょうか」と笑顔を見せながら「最後の祓いの前までは自分の中で集中してできたのですが、そこでちょっとした迷いが出てしまいまして、先生の『突き進みなさい』というお言葉によってこのかすれが出たのではないでしょうか。自分がどっちの道に行ったらいいか迷ったとき、『あなたはこういくべきです』と言ってくださる方がいるからこそ道というのは歩いて行けるんだなと、この書で思いました。もし先生の『突き進みなさい』というお言葉がなかったら、たぶんこのかすれは出なかったと思います」。

 これから新しいことにもいろいろ挑戦してみたいそうで、「これを機に、書もきちんと習っていきたいですし、俳句やお花にも挑戦してみたいですね。それは和の心、演歌の心にもつながりますので…。今日は、内面から自分を磨いていくといういい時間をいただきましたので、これからもそんな貴重な時間を作っていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる