*

■椎名佐千子が新曲「ソーラン鴎唄」発売記念を兼ねて、ファン30人限定のスペシャルイベントを

公開日: : ニュース

今年4月でデビュー15年目を迎える実力派演歌歌手・椎名佐千子(34)が26日、東京・文京区のキング江戸川橋スタジオで、ニュー・シングル「ソーラン鴎唄」(詞・仁井谷俊也、曲・岡千秋)=キングレコードから3月8日発売=の発売記念を兼ねてファン30人限定のスペシャルイベントを開いた。

椎名佐千子(その1)

これは、前作シングル「出船桟橋」を購入した人たちを対象にしたプレミアムイベントで、全国から約1000通の応募があり、その中から抽選で30人を無料招待。

 熱烈なファンたちの「さっちゃ~ん!」コールで登場した椎名は「たくさんの方に『出船桟橋』が届いているのかと、感謝の気持ちでいっぱいです。はたくさんの発売前からいち早く皆さんに今度の新曲『ソーラン鴎唄』をお届けして、応援していただきたいなと思います。デビュー曲以来、久しぶりに唸って、踊っていまして、気合いも十分入っていますので、今日聴いていただいて、覚えていただいて、応援してください」と笑顔であいさつ。

椎名佐千子(その2)

 デビュー曲「御意見無用の人生だ」をはじめ、「哀愁…日本海」「出船桟橋」、新曲のカップリング曲「海峡エレジー」、そして新曲「ソーラン鴎唄」の全6曲を熱唱した。

 また、彼女がこれまでに発表してきた楽曲の中からイントロ当てクイズを行い、バッグや帽子など愛用の私物をプレゼントするお楽しみコーナーもあり、1時間にわたって和気あいあいのプレミアムイベントとなった。

椎名佐千子(その3)

 新曲のプロモーションビデオのほうも見どころだそうで、「私は千葉県旭市の出身ですけれども、そのお隣、銚子市の『千葉県YOSAKOIソーランチーム黒潮美遊(くろしおびゆう)』の公式応援ソングにもなっています。その黒潮美遊の皆さんと一緒に踊りながら歌わせていただいていますが、すごくカッコいいので、ぜひそちらのほうも見ていただきたいなと思います」とアピール。

 その新曲は、「♪ヤーレンソーラン ソーランソーラン 鴎唄」というサビのフレーズが特に印象的なスケールの大きな演歌作品で、「今度が第17弾目のシングルになります。デビュー曲のような元気いっぱいのスカッとする楽曲でして、遠い都へ行ってしまった大切な人を思いながら胸がジーンと熱くなる歌です」と話していた。

椎名佐千子(その4)

 11月6日に東京・浅草公会堂でデビュー15周年記念コンサートを開催。秋には、彼女の愛読書「晩鐘」(著者・佐藤愛子)をモチーフにしたデビュー15周年記念企画シングル「晩鐘」の発売も予定。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その2)
■水森かおりが第26弾「水に咲く花・支笏湖へ」の舞台、北海道・支笏湖で新曲発売記念イベント。支笏湖にヒメマスの稚魚を放流

デビュー23年目を迎え、3月20日発売の第26弾シングル「水に咲く花・

辰巳ゆうと(その5)
■20歳の現役大学生演歌歌手・辰巳ゆうとが、歌の原点・赤羽で限定100人のファンと初めてのふれあいイベント

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチコピーに今年1月17日にビクターエ

大川栄策(その4)
■大川栄策が「大川栄策歌謡塾」主催による2回目のカラオケ発表会&ショー。歌唱指導も披露

今年でデビュー50周年を迎え、100枚目のニュー・シングル「夜霧の再会

杉山清貴(その3)
■杉山清貴がデビュー35周年を記念して東京・日比谷野音でオメガトライブが再集結

キングレコードから5月16日にニュー・アルバム「MY SONG MY 

山内惠介(その3)
■山内惠介がセルフプロデュースによる熱唱ライブツアーの初日を浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーで一人芝居も

昨年は「NHK紅白歌合戦」に3年連続出場を果たし、デビュー18年目を迎

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる