*

■三山ひろしを大特集した特別編成番組が「歌謡ポップスチャンネル」で2月8日~同11日まで放送

公開日: : ニュース

昨年の「第67回NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たした演歌歌手・三山ひろし(36)が、ニュー・シングル「男の流儀」(2月8日発売)を発売するのを記念して、2月8日から同11日まで=各日午後0時~2時=の4日間にわたってCS放送「歌謡ポップスチャンネル」の特別編成番組「三山ひろし大特集」に出演することになり24日、東京・港区のLiveレストラン青山で同番組発表を行った。

三山ひろし(その3)

コンサートや新曲制作の舞台裏に密着したドキュメンタリー番組や昭和をナビゲートする音楽番組など合わせて13番組を放送。さらに同番組が制作した新曲ミュージックビデオ・フルバージョン初披露など「歌謡ポップスチャンネル」でしか見ることができない三山ひろしの魅力をたっぷりと紹介する。

三山ひろし(その2)

 この日の記者会見場所は、三山がデビューする前の約3年間、アルバイトをしていたレストランで、最初に同特番のダイジェスト映像を流してから新曲を披露した彼は「今度の新曲『男の流儀』は、一本筋の通った男性が描かれている曲ですが、僕も25歳で故郷(高知県)を出るとき、『絶対歌手になるんだ』という一つの筋を持って上京してきてこのレストランで働いていましたので、そのころのことを思い出しました。このお店が東京生活の第一歩でして、僕の原点にもなっていますので、感慨深いものがあります。この曲が9枚目のシングルになりますが、ここに来て、自分の本当に皆さんにお伝えしたいことが何なのか再確認できたような心境です」。
三山ひろし(その1)

 4日間で全8時間放送という大特集番組に「このお話をいただいたときは、初めてのことなので大変驚いたのと同時に、デビューしてまだ8年ですが、そんな中で特集していただけるのは、それだけ皆さんに可愛がっていただいている証拠の一つではないかと思って、本当にうれしかったです」と笑顔を見せながら「歌を歌っている姿とは全然違う素の表情だとか、プライベートな部分が垣間見える瞬間、瞬間がどの番組にもあるので、それを見ていただけると、三山ひろしという歌手をより身近に感じていただける、そういうパーソナリティーな部分が伝わる番組になっているのが見どころの一つです」とアピール。

三山ひろし(その5)

 今年は、5月に大阪・新歌舞伎座で初の座長公演があり、得意のけん玉では4段昇段を目指し、「常に初心を忘れず、皆さんに笑顔になっていただくことを大切に歌っていきたい」としており、「『お岩木山』『四万十川』と2作連続で10万枚を超え、ゴールドディスクに認定していただきましたので、今度の『男の流儀』で3作連続ゴールドディスクを狙いたいですし、今年も3年連続で紅白を目指したい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岡ゆう子(その3)
■岡ゆう子が浅草の民謡酒場「追分」で新曲「望郷貝がら節」発表会。仁井谷俊也先生の遺作を大ヒットさせたい

「歌う日本地図」の異名をとり、450曲を超える全国47都道府県の歌をレ

前川-清(その2)
■前川清が東京・中野サンプラザホールで50周年記念コンサート。50年を振り返りながら全39曲熱唱

内山田洋とクール・ファイブのボーカルとして「長崎は今日も雨だった」でデ

岩佐美咲(その2)
■岩佐美咲が第4弾コンサートを恵比寿ザ・ガーデンホールで。田川寿美からプレゼントされた着物で新曲「佐渡の鬼太鼓」を初歌唱

第6弾シングル「鯖街道」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)がオ

小金沢&水城(その2)
■小金沢昇司と水城なつみが東京・護国寺で豆まき。ミニライブで年男と年女がそれぞれに新曲などを披露

1月1日発売の新曲「おぼえていますか」(詞・麻こよみ、曲・大谷明裕)が

パク・ジュニョン(その3)
■パク・ジュニョンがデビュー5周年記念 5都市感謝ツアーの最終公演を東京・浅草公会堂で開催

ニュー・シングル「涙の流星」(詞・石原信一、曲・浜圭介)のCタイプ=A

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる