*

■岡ゆう子が新曲「くれない紅葉」ミニコンサート&岡千秋カラオケレッスン会。最高齢94歳も参加

公開日: : ニュース

昨年9月7日発売の最新シングル「くれない紅葉」(詞・仁井谷俊也、曲・岡千秋、発売・キングレコード)が3万枚を超えるロングヒットを記録中の演歌歌手・岡ゆう子(55)が26日、東京・文京区のキング関口台スタジオでミニコンサート&岡千秋カラオケレッスン会を開いた。

岡ゆう子(その1)

これは、同シングル発売を記念して企画された購入者特典イベントで、全国から約700人の応募があり、抽選で選ばれた約60人を招待。最年少は59歳から最年長は94歳まで、また遠くは新潟県、愛知県からも参加。

 最初にミニコンサートを行い、「このキング関口台スタジオは、いつもレコーディングをしている緊張する雰囲気の場所ですが、今日は皆さまと楽しいひとときを過ごさせていただきたいと思います」とあいさつし、新曲「くれない紅葉」をはじめ、「湯島天神おんな坂」「長良川」「ひえつき望郷歌」など全9曲を熱唱。

岡ゆう子(その2)

 その後、作曲家・岡千秋さん(66)が登場し、参加者の中から3組を選んでそれぞれを個人レッスン。参加者たちも歌詞カードを片手に熱心に聴き入っていた。

 同イベント終了後、岡ゆう子は「今日は、岡千秋先生の素晴らしい歌唱レッスンがありましたので、ますます皆さまがこの『くれない紅葉』をお上手に歌ってくださるのではないかと楽しみにしています。カラオケが大好きな皆さまには歌いがいのある歌だと思いますし、前奏が流れてきますととてもドラマチックで、スケール感があって、胸にぐっと迫ってくるような作品です。紅く色づく紅葉のように好きになった人に寄せる熱い思いを表現するように心がけて歌っています。また、聴いていただく方も、歌っていただく方もこの歌を通して恋心、燃える思いをよみがえらせていただきたいと思います」。

岡ゆう子(その3)

 作曲者の岡千秋さんは「ドラマチックな曲でして、イントロが流れてくると、その歌の中に引きずり込まれるような気がいたします。やわらかく歌い始め、だんだん高揚していって、『逢いにゆきたい』というところで高揚を爆発させるというような歌作りをしています。歌は語りなので、歌う箇所は2カ所ぐらいで、1コーラス目では『染めるよに』と『逢いにゆきたい』の部分です。あとは語りになっていますので、そういうコツを覚えて歌っていただければ素晴らしい歌に聴こえると思います」と、歌い方のコツを指導した。

 そのレッスン会の中で最高齢94歳の女性の歌を聴いた岡ゆう子は「とてもいい艶のあるお声をしていらして、94歳にはとても思えない美貌とお声と若さがあって、私も見習いたいなと思います。私も声の続く限り歌い続けていきたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる