*

■川奈ルミが、デヴィ夫人が初めて作詞した新曲「貫く 愛」を公開レコーディング。セリフ&題字でも参加

公開日: : ニュース

デビュー16年目を迎えた実力派歌手・川奈ルミ(45)が、デヴィ スカルノさん(76)=通称・デヴィ夫人=が初めて作詞した9枚目のニュー・シングル「貫く 愛」(曲・松川秀幸)を徳間ジャパンコミュニケーションズから2月1日に発売することになり19日、東京・文京区のキング関口台スタジオで公開レコーディングを行った。

川奈ルミ(その1)

この日のレコーディングにはデヴィ夫人も参加し、間奏に入る「セリフ」を担当。合わせてCDジャケットの「貫く 愛」という題字まで手がけるほどの力の入れようで、川奈の隣でじっと彼女の歌に聴き入りながら3コーラスの最後に入るセリフのシーンでは「Forgive me but,Oh・・・what a wonderful feeling」などとマイクに向かって情熱的に語り、文句なしの出来に仕上がった。

 デヴィ夫人の作詞作品をもらった川奈は「素晴らしい愛の歌を書いていただいて大感激です。私は子どものときから夫人の大ファンでしたので、夢のようです」と目を輝かせた。

川奈ルミ(その2)

 2人は10年来の友人で、「デヴィ夫人は「お友だちに連れられて初めて彼女のライブを拝見したとき、そのパワフルな歌唱力と稀な才能に魅せられまして、それからは彼女のライブは必ずといっていいほど見せていただいています。特にラテン音楽は素晴らしいものがあります。去年の夏に彼女から『愛の歌を作詞してほしい』というお話がありまして、私は9冊ほど本を出していますが、作詞は初めてなので、『いつできるか約束はできないけれど、やってみようかしら』とご返事させていただきました」。

作詞するにあたって「ベッキーさんに思いを馳せまして…私は彼女に純愛を貫いてほしかったんですよ。いまごろ、あんなことがなかったら幸せに結婚していたかもしれない…」というヒントが頭に思い浮かび、「私はスカルノ大統領との出会いからすごいバッシングを受け、年がら年中、突きのめされるような時代があったわけですけれども、大統領の愛と献身を貫くという強い気持ちできました。大統領との愛を思い浮かべながらある日曜日の朝、一気に書けてしまったんです。言葉が泉のようにこんこんと湧いてきて、半日もかからずに書き上げました」。

川奈ルミ(その3)

その詞を初めて見た川奈は「すごく美しい日本語だなと思いました。私は元々、ラテンを歌っていまして、このような一途に貫く情熱的な愛の歌を歌いたいなと思っていましたので、そのまんまの私の思いを夫人が書いてくださったのかと、びっくりしています」。

同曲で作詞家デビューを果たすデヴィ夫人は「これがヒットしたら第2弾、第3弾とまた書いてみたいですね」と意欲を燃やし、川奈は「ぜひ大ヒットさせたいですね。紅白を目指して頑張ります。もし紅白に出られたら夫人と一緒に出たいですし、年末の大きな賞も狙いたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる