*

■徳永ゆうきが新曲「津軽の風」発売記念イベント。ゲストのイケメングループ、純烈とコラボで歌&踊りを披露

公開日: : ニュース ,

デビュー3年目を迎え、第4弾シングル「函館慕情」がロングセラー中の演歌歌手・徳永ゆうき(21)が、今月25日にユニバーサルミュージックから5枚目のニュー・シングル「津軽の風」をリリースするのを記念して15日、東京・台東区の浅草六区ゆめまち劇場で新曲発売記念イベントを開いた。

徳永ゆうき(その2)

今度の新曲は、前作「函館慕情」と同じ作詞・麻こよみさん、作曲・水森英夫さんのコンビによる作品で、一人の男が、厳しい寒さの津軽の風に立ち向かって、いつか望みを果たそうと力強く歩き出す決意にあふれたダイナミックな本格派演歌だ。

 演歌界を代表する「撮り鉄」として知られる彼は「前作『函館慕情』から青函トンネルを渡り、津軽にたどり着きました。今回は、タイトルの通り津軽が舞台の曲です。聴いていただく皆さんの人生の応援歌になったらうれしいなと思っています」とアピール。

徳永ゆうき(その4)

 この日は、新年第1弾となる徳永ゆうき主催イベント「2017年浅草夢街道中 歌謡ショー」として行われたもので、徳永とはこれまで音楽番組などで何度も共演している平均身長183㌢のイケメン男性5人組歌謡コーラスグループ、純烈がゲスト出演。

徳永ゆうき(その3)

 150人の熱烈なファンが詰めかける中、「今日は、来てくださった皆さんにまた見たい、もっとやってほしいと思っていただけるように、21歳というこの若さをアピールして元気に歌がお届けできたらいいですね」と笑顔を見せ、新曲「津軽の風」をはじめ、同カップリング曲で、今年5月27日公開の映画「家族はつらいよ2」(監督・山田洋次)の応援ソングにもなっている「帰ろう我が家へ」、ゲストの純烈とのコラボで「平成ドドンパ音頭」「キサス・キサス東京」「明日があるさ」、純烈は3月14日発売の新曲「愛でしばりたい」など全13曲を熱唱した。

徳永ゆうき(純烈その1)

 純烈の小田井淳平から「眉毛だけじゃなくて、もみあげも逆立って絶好調ですね」、酒井一圭から「自分の顔面を生かすために純列を呼んでいただいてありがとうございます。今度の新曲もいい曲ですね」といびられながらも徳永は「純烈の皆さんはカッコいいですよね。僕も今日はカッコよく見えているんじゃないでしょうか」とニッコリ。

徳永ゆうき(純烈その2)

 昨年は、山田洋次監督「家族はつらいよ」に出演。俳優としても活躍し、幅広い才能を発揮しているが、「昨年は俳優業を中心にやらせていただきましたが、その分、歌のお仕事が少なかったので、今年は本業の歌手の仕事に全力投球していきたい」と、新曲に意欲を燃やしていた。

徳永ゆうき(その1)

2月20日には22歳を迎えるが、「プライベートでは、お酒が飲めるようになりたいですね。徐々にいろんなお酒にチャレンジしたい」という徳永に、純烈のメンバーたちから「徳ちゃんには早く結婚してほしい。好きなタイプの女性は?」と聞かれると、「女優の南沢奈央さんがタイプです。南沢さん、僕の新曲『津軽の風』をぜひ聴いてください」と照れながら話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
香西かおり写真01
■香西かおりが東京・新宿文化センターで30周年記念リサイタル。ファンに感謝を込めながら全24曲熱唱

弾「わすれ花」(発売・ユニバーサルミュージック)が好セールス中の演歌歌

大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる