*

■水森かおりが、事務所の後輩、岩佐美咲、はやぶさと銀座山野楽器初売りイベントで歌い初め。書き初めも披露

昨年大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」に14年連続出場し、「白鳥飛翔」と銘打った巨大衣装=高さ5・8㍍、横9㍍に広がる純白のロングドレス=を披露しながら最新の大ヒット曲「越後水原」(発売・徳間ジャパンコミュニケーションズ)を歌って大きな話題を呼んだ演歌歌手・水森かおり(43)が2日、東京・銀座の山野楽器本店の初売りイベント「新春スペシャル 銀座初うた2017」で歌い初めを行った。

%e6%b0%b4%e6%a3%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a%e3%80%81%e4%bb%96%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

この日は、同じ長良グループに所属の演歌歌手・岩佐美咲(21)と新世代歌謡グループ、はやぶさ=ヒカル(29)、ヤマト(23)、ショウヤ(23)=の後輩アーティスト2組も一緒に参加。

 最初に正面入り口の特設ステージで新年の店頭あいさつ。はやぶさのヤマトは「今年もこの舞台に立たせていただけて大変幸せです」、ヒカルは「昨年はありがとうございました。今年もよろしくお願い致します」、ショウヤは「今年もこの素晴らしいイベントに水森かおり先輩、岩佐美咲さんと一緒に参加できてうれしいです」。岩佐は「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」。

%e6%b0%b4%e6%a3%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a%e3%80%81%e4%bb%96%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93%ef%bc%89

水森は「今年もこの素晴らしい場所で仕事始めをさせていただいて幸せに思います。2017年が皆さまにとって素晴らしい1年になりますようにお祈り申し上げます」と、それぞれあいさつした。

%e6%b0%b4%e6%a3%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a%e3%80%81%e4%bb%96%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

 その中で3人が2017年への思いを漢字一文字に託した書き初めを披露し、はやぶさは「羽」と記し、ヤマトが「今年はデビュー5周年を迎えるので、飛躍の年にしたいです。僕とショウヤが酉年の年男ですし、さらに羽ばたいていける年になるようにという思いを込めて書きました」。岩佐は「鯖」と記し、「『鯖街道』という新曲にこの1年かけていますので『鯖』と書きました。実は私、しめ鯖が苦手でして、焼き鯖は食べられるのですが…。今年中には克服して、その鯖を愛しながらこの歌を歌っていきたいですね」。

水森は「虹」と記し、「七色の虹ですが、歌手としていろんなカラーを見せられたらいいなという思いと、皆さんの心の架け橋になって歌っていけたらいいなと思って書きました」。

%e6%b0%b4%e6%a3%ae%e3%81%8b%e3%81%8a%e3%82%8a%e3%80%81%e4%bb%96%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%94%ef%bc%89

 その後、同店のJam Spotで歌唱イベントを開き、120人のファンが詰めかける中、2月に初の写真集を出版し、8月に第4弾ワンマンコンサート=8月19日・Zepp名古屋、同27日・Zepp東京=を開催する、はやぶさは最新の第7弾シングル「流星のロマンス」や前作シングル「エボレボ!」、AKB48を卒業し、現在は演歌1本で活動中の岩佐は第4弾シングル「初酒」や1月10日発売の7枚目のニュー・シングル「鯖街道」、水森は大ヒット曲「鳥取砂丘」や最新シングル「越後水原」、最後に全員で正月の歌「一月一日」など全14曲を熱唱。

 今年もさらなる活躍が期待される水森は「今年もまた新たな歌の舞台に行くと思いますが、そのご当地で多くの方々に応援していただきたいですし、今年の書き初めでも書きましたけれど、いろんなカラー、色を皆さんに見せられる歌手として成長できる1年にしたいなと思っています」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
大川栄策(その1)
■「大川栄策歌謡塾」主催のカラオケ発表会&コンサート。大川栄策が自ら歌唱指導も

新曲「忍ぶの乱れ」(発売・日本コロムビア)が好調の演歌歌手・大川栄策(

走-裕介(その3)
■走裕介が東京で約1年ぶりのソロコンサート。師匠の船村徹メドレーや本格的な衣装での外郎売りを披露

第10弾シングル「星屑の恋」(詞・石原信一、作曲&編曲・蔦将包)=日本

福田みのる(その1)
■福田みのるが東京・赤坂で20周年記念曲&徳間ジャパン移籍第1弾「追憶はいつも雨」発売記念ライブ

新国劇・大山克己に師事し、舞台・映像俳優として10数年にわたって活動後

市川由紀乃(その1)
■市川由紀乃が金沢・主計町茶屋街で書にチャレンジ。演歌の「道」を歩んでいく覚悟、気持ちを込めて

新曲「はぐれ花」(詞・麻こよみ、曲・徳久広司)=キングレコードから3月

山内惠介(その3)
■山内惠介が自身のプロデュースで全国29カ所ツアーの初日を東京・浅草公会堂で。銀幕歌謡ショーでは寅さんに

昨年の「NHK紅白歌合戦」に2年連続出場を果たし、新曲「愛が信じられな

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる