*

■山川豊がデビュー35周年記念コンサートで全31曲熱唱。リハーサルの様子を120人に初公開。沖縄公演発表

公開日: : ニュース

デビュー35周年記念曲「再愛/蜃気楼の町から」(両A面シングル、発売・ユニバーサルミュージック)がロングセラー中の演歌歌手・山川豊(58)が3日、東京・有楽町のよみうりホールでデビュー35周年記念コンサートを開いた。

%e5%b1%b1%e5%b7%9d-%e8%b1%8a%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

この日は、開演前、熱狂的なファンの中から120人を招待し、初めてリハーサルの様子を公開。「初めて公開リハーサルをファンの方々に見ていただくことになり、皆さんが喜んでくれると思いますし、僕もうれしいです。今日は思い出に残る1日になると思います」と笑顔を見せ、代表曲「アメリカ橋」と新曲「再愛」の2曲を披露。 

ところが、1曲目の「アメリカ橋」で、途中で歌に入るところを間違えるという前代未聞のミスを犯し、「こんなことは初めてで、これから始まるコンサートのことや、35年間のことを思い出しているうちに思わず間違えてしまいました。作詞の山口洋子先生、作曲の平尾昌晃先生に申し訳ありません」と照れ笑い。

%e5%b1%b1%e5%b7%9d-%e8%b1%8a%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

 そして本番では、1100席の会場が中高年ファンで満席の中、「ニューヨーク物語り」をはじめ、「霧雨のシアトル」、兄・鳥羽一郎の「兄弟船」、昭和の名曲から「影を慕いて」「暖簾」「for you…」、オリジナルヒット曲から「函館本線」「ときめきワルツ」「流氷子守歌」「しぐれ川」「夜桜」、メドレーで「こころ花」「我が娘へ」「友情―とも―」「蜃気楼の町から」、大ヒット曲「アメリカ橋」、前作シングル「螢子」、それに新曲「再愛」など、アンコールを含めて全31曲を熱唱し、35周年の集大成ステージで最後まで客席を楽しませた。

 35年間の中で「歌が売れない時期が一番つらかった」と振り返りながら「35年の間、たくさんの方にご声援、応援していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。これから40周年に向けて新たな気持ちで頑張っていきたい」と意欲満々。

%e5%b1%b1%e5%b7%9d-%e8%b1%8a%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93%ef%bc%89

 長い間、音楽業界を見てきた彼は「いまCDの売り上げが全体に落ち込んでいますので、僕たちがもっともっと頑張らなければ」と反省しながら「必ずヒットを出すんだという気持ちでこれからも頑張って歌っていきたいですね。また、ピコ太郎のように演歌の世界も変わっていかなければ…」と笑いを誘った。

 また、毎年恒例のコンサートイベント「長良グループ・演歌まつり」について、来年2017年は名古屋・大阪・東京公演に加えて、沖縄公演も開催決定したことが本日発表された。飛行機の苦手な山川は「沖縄でも『長良グループ・演歌まつり』開催決定ということは、飛行機に乗らなきゃいけないんですよね…」と不安げな表情がありつつも、「でも沖縄でも楽しみにしている方々のために、頑張ります」と笑顔を見せた。

%e5%b1%b1%e5%b7%9d-%e8%b1%8a%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%94%ef%bc%89

 なお、3月16日発売の新曲「再愛」「蜃気楼の町から」の2曲を含む全32曲を収録したベストアルバム「山川豊 35周年記念ベストアルバム」(7月20日発売)も大好評だ。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる