*

山本あきが今年最大の満月・スーパームーンを鑑賞して感激。「日本作曲家協会音楽祭・奨励賞」を受賞

公開日: : 最終更新日:2015/10/06 ニュース

デビュー10年目を迎え、2月4日発売のニュー・シングル「十六夜化粧」(詞・田久保真見、曲・四方章人、発売・キングレコード)がロングセラー中の演歌歌手・山本あき(39)が28日夜、東京・大田区の洗足池でスーパームーンを鑑賞しながら年末に向けて新曲の大ヒットにさらなる意欲を燃やした。

山本あき(その1)

この日は、「中秋の名月」の翌日にあたり、月が地球に最接近し、今年最大の満月「スーパームーン」が見られるという稀少な1日。
 洗足池は、彼女が出身地・石川県から歌手デビューするために上京して以来、今日まで12年間にわたって住んでいる「大田区」にあり、歌川広重の浮世絵「名所江戸百景」にも描かれた景勝地として花見のスポットなどで有名なところだ。
 そんな洗足池を囲む洗足池公園に足を運び、美しく輝く「スーパームーン」を見上げながら「私の新曲『十六夜化粧』も過去最大のヒット曲になるようこれから年末に向かってパワー全開で歌っていきたい」と新たな決意を見せた。

山本あき(その2)

「昨日の中秋の名月と、今日のスーパームーンと2夜連続でこのような美しい月を見たのは初めてです。もう感動してしまいました。実は、出身地の石川県から東京に出て来て、きのう(27日)で丸12年になるんですよ。そういうこともこの月の光に導かれているような気がしました。師匠の作曲家・聖川湧先生が池上線沿線に住んでいらっしゃるので、東京に住むには先生のご自宅の近くのほうがいいのではないかということで、私も池上線沿線に住むようになったわけです。この洗足池には散歩やランニングで時々来ていますが、こんな素晴らしいところでスーパームーンが見られたのが何よりもうれしかったです」

そんな愛着のある池上線沿線の蒲田駅前で今年8月30日、マンスリーライブ(6月からスタート)を開いたが、「12年も住んでいるこの池上線沿線でいつかライブをやりたいなと思っていましたので、今年で10周年を迎えるにあたってその夢が一つかないました」。

 また、今年度の「日本作曲家協会音楽祭・奨励賞」の受賞が決まり、10月5日に東京・北とぴあで開催の「日本作曲家協会音楽祭2015」に出演。授賞式に臨むにあたって、「この奨励賞は、10年頑張ってきたことへのご褒美かなと思っています。『これからもっと頑張れよ』と言われているような気がします。これまで応援してくださっている皆さんへの一つの恩返しができたのかなと喜んでいます」と話していた。

山本あき(その3)

10月24、25日の両日、蒲田西口商店街主催の『第26回ハロウィン』が開催。山本は同イベントに初参加し、24日に蒲田西口駅前広場でライブを開くが、「私のコスプレにもぜひ期待していてくださいね」と笑顔を見せた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる