*

坂本冬美 東京・台場一丁目商店街で新曲発売記念イベント

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

2015年3月2日、今月4日にユニバーサルミュージックからニュー・シングル「風うた」をリリースする演歌歌手・坂本冬美さんが、東京・台場のデックス東京ビーチ「台場一丁目商店街」で新曲発売記念イベントを開きました。

201503030003

この日は、近代的な街とは対照的に懐かしい昭和の商店街を再現した同空間での発表イベントに大勢の熱烈なファンが詰めかける中、ビールケースで作った手作りのステージに上がって新曲を披露し、

「私も今年でデビュー29年目を迎えますが、この新曲の発売日がちょうどデビュー記念日になります。このステージ、立派です。デビュー当時はビールケース1個で歌いましたから…。昭和62年にデビューしましたが、そんなに苦労なくここまで来ることができたような気がします。ただ、大型新人と言われたんですが、演歌の先輩方が歩いた道をちゃんと歩かなきゃいけないということで、全国のレコード店を回らせていただいたり、スナックや大きなカラオケ大会のゲストで歌わせていただいたりしましたが、一番小さなステージはこのビールケースでした」

と、デビュー当時を懐かしみました。

201503030001

今回の新曲は、自分を見つめ直し、立ち止まって人生を振り返り、その後の生き方の糧にしようという等身大のフォークタッチの作品で、

「吉田旺先生が作詞をしてくださいまして、作曲は杉本眞人先生です。この曲は昭和の匂いもしますし、ふと人生を振り返ったときに、ふるさととか、家族の大切さを思い出させてくれるそんな歌になっています。ただ振り返っているだけではなくて、自分を支えてくれた人たちの思いも受け継いで、これからしっかり歩いていくよ、頑張っていくよという前向きな歌でもあるんです」

と紹介。
また、13年目を迎える「台場一丁目商店街」の自治会長を務める久保浩さんから

「台場一丁目商店街一日会長」に任命された彼女は「会長とか、長に立つ気分を味わわせていただけるのはとても幸せなことです」

と笑顔を見せながら同商店街を視察。
その中に設置された射的、ボーリング、エアホッケーという昭和に流行した懐かしいゲームに初挑戦し、

「懐かしい雰囲気を味わいながら初めて挑戦するボーリングも楽しかったし、射的も楽しかったですね。初めてここに来ましたが、このレトロな雰囲気がとてもすてきですね。昭和をイメージするもの? 歌手ですからレコードとかジュークボックスですかね」

と笑顔で話していました。

201503030002

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
岩佐美咲(その3)
■岩佐美咲が東京・三軒茶屋の太子堂八幡神社で新曲「恋の終わり三軒茶屋」ヒット祈願。絵馬に大ヒットの願いを

 昨年2月27日発売の第7弾シングル「佐渡の鬼太鼓」がオリコン週間シン

みんかよ音楽祭(その2)
「みんかよ音楽祭」で加門亮、北野都、福田みのるら全10アーティストが3時間半にわたって競演

「みんかよ」の愛称で親しまれ、全国の演歌・歌謡曲ファンに愛読されている

山本あき(その3)
■山本あきが45回目のマンスリーライブ。昭和歌謡のカバー曲を中心に熱唱。20数年ぶりにドラムに挑戦

第14弾シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の

渥美二郎(その3)
■渥美二郎が演歌道50年ファイナルのコンサートを東京・浅草公会堂で開催。民謡やピアノの弾き語りも披露

自身の作曲による演歌道50年記念曲「涙色のタンゴ」(詩・桜井幸介、曲・

福田&水城(その2)
■福田こうへい&水城なつみが東京・護国寺で豆まき&ミニライブ。共に2月発売の新曲を披露

「天竜流し」がロングヒット中の演歌歌手・福田こうへい(42)と、「江差

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる