*

秋元順子 10周年記念全国20カ所ツアーのファイナルを東京・中野サンプラザで

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 ニュース , ,

12月17日、実力派歌手・秋元順子さんが、東京・中野区のサンプラザホールで「10th Anniversary 秋元順子コンサート2014~歌ある限り、愛のままで生きる~」と銘打った10周年記念コンサートを開きました。

201412170002

この日は、6月10日の神奈川・川崎市からスタートした全国20カ所ツアー(全23公演)のファイナルで、

「どの会場もほぼ満員で、とても温かい拍手をたくさんいただき、どの会場も自分自身が感動する公演ができたことが一番思い出に残っています」

そのファイナルを迎え、

「今年でメジャーデビューして10周年という記念すべき年を迎えさせていただき、本当にうれしい気持ちでいっぱいです。今回のツアーは6月からスタートしましたが、ツアーを行っている人の中では一番の年長者なので、寒い12月までの半年間、どのようになるか心配しました。それだけに、暑い夏を通り越して、今日のこのファイナルを迎えられますことは、日本中のファンの皆さま、そして多くのスタッフ、バンドのメンバー、各地で関わってくださった方々のお陰だと心から感謝していますので、今日のファイナルは、いつものように心を込めて、愛を込めて歌わせていただきます」

と感激。

2部構成で、第1部の前半は、好きな音楽に携わって40年以上になる自分の歴史を写真で見ていただきながらその時代にヒットした曲を歌わせていただきます。2部は、オリジナル曲を歌わせていただきます。今回初めて演出家の先生の構成によるもの」というステージで、約2000人の熱烈なファンが詰めかける中、前半は懐かしいヒット曲のカバーから「君といつまでも」をはじめ、ハワイアンメドレー「ブルーハワイ~カ・マカニ・カイリ・アロハ」、「枯葉」「ある恋の物語」、後半はオリジナル曲から「マディソン郡の恋」「24時の孤独」「一枚の写真」「愛のままで…」、それに新曲「愛鍵」など全19曲を熱唱しました。

201412170001

2014年の今年は「本当に充実した1年だった」と振り返り、この10年は

「あっという間でした。忙しく早く過ぎてはしまったんですけれども、素晴らしいたくさんの曲に巡り合え、思いもしない出会いをたくさんいただけたこと、そしてこれから先、まだ夢を持って自分が進んでいかれるんだという思いができた10年でした」

今後の目標は

「いままでたくさんいただいたオリジナル曲を順子ワールドで表現したものを海外でどのように聴いてくださるか、受け入れてくださるかを試してみたい。ワールドツアーを実現させてみたいです」

と話していました。

201412170003

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる