*

■エンレイ改め紫レイとして初のニューシングル「Last love for you~最後の愛を~」を発売。東京・西麻布で初のオンラインライブ

公開日: : ニュース ,

中国江西省・景徳鎮出身の実力派歌手・エンレイが、今年で日本でのメジャーデビュー10周年を機にアーティスト名を「紫レイ」(44)に改名。その第1弾シングル「Last love for you~最後の愛を~」(詞・荒木とよひさ、曲・中島薫)をユニバーサルミュージックから11月25日に発売したのを記念して同日、東京・西麻布の霞町音楽堂で初のオンラインライブを開いた。

紫-レイ(その1)

1970年代から90年代にかけて日本で一世風靡した台湾出身歌手、テレサ・テンの数々のヒット曲を手がけた作詞家・荒木とよひささん(77)の総合プロデュースによる「テレサの羽根」で、2010年11月3日に日本でメジャーデビュー。これまで数々のコンサートやCMソング、テレビドラマの劇中歌歌唱など日本国内で幅広く活動してきた。

 この日は、改名とニューシングル発売を記念しての記者発表を兼ねたオンラインライブで、荒木さんと作曲家・中島薫さん(68)、プロデューサー・半沢龍之介さんが参加する中、制作コンセプトや楽曲制作秘話などを公開。

紫-レイ(その2)

 改名についてレイは「10周年を機に新しいスタートを切りたいと思って改名させていただくことになりました。紫は中国では大変縁起のいい色でして、レイは本名。事務所の半沢社長と中島薫先生が決めてくださいました」。

 荒木さんは「テレサ・テンにあこがれていた彼女は、歌の雰囲気もテレサに似ていますが、テレサは2人はいらないので、紫レイという新しいブランドを作っていってもらいたい。テレサの歌の世界は成熟する少し前の女性ですが、紫レイには、まだ眠っている恋心をもっと大人にした歌を書こうと思って作りました」、中島さんは「とてもすてきな詞でしたので、自然にメロディーが出てきました。紫レイさんの透明感の声が生きる曲をと意識して作曲しました」と楽曲制作秘話を語った。

紫-レイ(その3)

 その後、バンド演奏によるライブが行われ、ニューシングル「Last love for you~最後の愛を~」をはじめ、同カップリング曲「白い雲になって」、荒木さんの代表曲「四季の歌」、紫が尊敬するテレサ・テンの大ヒット曲「時の流れに身をまかせ」の続編で、荒木さんが紫のために25年後の物語を新たに書き下ろした「時の流れに身をまかせ~Part2~」、昨年大ヒットした映画「グレイテストショーマン」の劇中歌「NEVER ENOUGH」、中島さんの代表曲「グッバイ・モーニング」など全8曲を熱唱。

 新アーティスト名で心機一転、新曲の大ヒットに意欲を燃やすレイは「今回の新曲は、作詞家・荒木とよひさ先生と作曲家・中島薫先生が初めてタッグを組んで書き下ろしていただいたオリジナル楽曲です。『Last love for you~最後の愛を~』『白い雲になって』、共に素晴らしい作品をいただきました。音楽は国境を越えてどんな時代、状況でも私たちの心をつなぐ力があると信じています。『Love』は私の永遠のテーマ。私の歌で皆さんの心にも『Love』を届けながら幸せな気持ちになっていただきたい」と話していた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
IMG_9180
「市川由紀乃&福田こうへい 夢の競演 スペシャル生配信ライブ」オフィシャル原稿

演歌歌手・市川由紀乃(45)と福田こうへい(44)が1月24日、都内ス

田川寿美(その3)
田川寿美が東京・豪徳寺で新曲「楓」ヒット御礼詣で。浅草ヨーロー堂で初めての生配信キャンペーンも開催

今年4月でデビュー30年目を迎える演歌歌手・田川寿美(45)が22日、

古都清乃(その2)
■古都清乃が恩師・吉田正さんの生誕100年の日に歌手生活55周年記念曲「笑顔の花」発売&新曲発表ライブ

国民栄誉賞を受賞した昭和を代表する作曲家・吉田正さん(享年77)の門下

福田こうへい(その2)
■福田こうへいが地元・盛岡市の中学校での講演で令和3年の仕事をスタート

昨年、第62回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞、元日に10枚目のシン

中澤卓也
USEN唄小屋  『中澤卓也&新浜レオン バレンタインDAY~愛と感謝を込めて~』

昨年11月14日に開催した配信コンサート「有線唄小屋」の第2弾開催が発

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる