*

■デビュー35周年の北川裕二が新曲「やめとくれ!!」カラオケ決勝大会。福島県の大波利春さんが優勝

公開日: : ニュース

 デビュー35周年を迎えた演歌歌手・北川裕二(65)が、キングレコードから今年1月23日に発売した新曲「やめとくれ!!」(詩・かず翼、曲・弦哲也)がロングセラー中のなかで5月15日、東京・文京区のキング関口台スタジオで、同CD購入者を対象にした「北川裕二『やめとくれ!!』カラオケ決選大会」が開かれた。

北川裕二(その1)

全国から約400人の応募があり、その中から第一次テープ審査を通過した全22組がこの日の決勝大会に出場。
 北川の師匠で、今回の新曲を作曲した弦哲也さん、同作詩のかず翼さんらが審査する中、ロックバラード調の「やめとくれ!!」を課題曲にして歌自慢の人たちがそれぞれの個性を発揮しながら競い合った結果、優勝の栄冠は、福島・伊達市在住の大波利春さん(70)の頭上に輝いた。

北川裕二(その2)

 また、準優勝は望月絹子さん、審査員特別賞は、小西由香李さんと中嶋正光さんの2人、北川裕二賞は、北本丈二さんと松本幸市さんの2人にそれぞれ決まった。
 審査発表前にはミニライブを行い、「皆さんが緊張されているのがよくわかりました。僕も(デビュー前の1983年に)日本テレビの『新スター誕生』(6代目グランドチャンピオンを獲得し、弦哲也さんに弟子入り)に出たとき、胃けいれんを起こすかもしれないというほど緊張したのを覚えています。カラオケ大会は今回が3回目です」とあいさつし、その1回目のカラオケ大会の課題曲となった「泣いて大阪」をはじめ、前作シングル「伊豆しぐれ」、新曲のカップリング曲「おれの道づれ」、そして新曲「やめとくれ!!」の全4曲を熱唱した。

北川裕二(その3)

 優勝した大波さんは「ここ2カ月ぐらいみっちり練習しました。この歌はかなり難しくて、どうやって感情を入れたらいいか苦労しましたので、優勝できてとてもうれしいです」と大感激。

北川裕二(その4)

 北川は「リズムもよかったし、声もよく出ていてすごくよかったです。僕も聴かせていただきながら一番お上手だなと思っていました。僕は審査には関わっていませんが、大波さんは僕と同じ福島県出身ですので、特にうれしかったです」と話していた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

水森かおり(その2)
■水森かおりが長野・伊那市の「高遠しんわの丘ローズガーデン」で開催中の「バラ祭り」で新曲など全4曲熱唱

通算27枚目の最新シングル「高遠 さくら路」(徳間ジャパンコミュニケー

氷川きよし(その3)
■氷川きよしがニュー・アルバム「新・演歌名曲コレクション9」発売記念イベント。6月4日に発売

デビュー20周年を迎え、最新シングル「大丈夫/最上の船頭」(両A面シン

クミコ(その2)
■クミコが原点のシャンソニエで、大反響の詩「七日間」と書籍から誕生した純愛のうた「妻が願った最期の『七日間』」を披露

銀巴里が生んだ最後の歌姫として5年ぶりにリリースしたシャンソンフルアル

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる