*

■デビュー35周年の北川裕二が新曲「やめとくれ!!」カラオケ決勝大会。福島県の大波利春さんが優勝

公開日: : ニュース

 デビュー35周年を迎えた演歌歌手・北川裕二(65)が、キングレコードから今年1月23日に発売した新曲「やめとくれ!!」(詩・かず翼、曲・弦哲也)がロングセラー中のなかで5月15日、東京・文京区のキング関口台スタジオで、同CD購入者を対象にした「北川裕二『やめとくれ!!』カラオケ決選大会」が開かれた。

北川裕二(その1)

全国から約400人の応募があり、その中から第一次テープ審査を通過した全22組がこの日の決勝大会に出場。
 北川の師匠で、今回の新曲を作曲した弦哲也さん、同作詩のかず翼さんらが審査する中、ロックバラード調の「やめとくれ!!」を課題曲にして歌自慢の人たちがそれぞれの個性を発揮しながら競い合った結果、優勝の栄冠は、福島・伊達市在住の大波利春さん(70)の頭上に輝いた。

北川裕二(その2)

 また、準優勝は望月絹子さん、審査員特別賞は、小西由香李さんと中嶋正光さんの2人、北川裕二賞は、北本丈二さんと松本幸市さんの2人にそれぞれ決まった。
 審査発表前にはミニライブを行い、「皆さんが緊張されているのがよくわかりました。僕も(デビュー前の1983年に)日本テレビの『新スター誕生』(6代目グランドチャンピオンを獲得し、弦哲也さんに弟子入り)に出たとき、胃けいれんを起こすかもしれないというほど緊張したのを覚えています。カラオケ大会は今回が3回目です」とあいさつし、その1回目のカラオケ大会の課題曲となった「泣いて大阪」をはじめ、前作シングル「伊豆しぐれ」、新曲のカップリング曲「おれの道づれ」、そして新曲「やめとくれ!!」の全4曲を熱唱した。

北川裕二(その3)

 優勝した大波さんは「ここ2カ月ぐらいみっちり練習しました。この歌はかなり難しくて、どうやって感情を入れたらいいか苦労しましたので、優勝できてとてもうれしいです」と大感激。

北川裕二(その4)

 北川は「リズムもよかったし、声もよく出ていてすごくよかったです。僕も聴かせていただきながら一番お上手だなと思っていました。僕は審査には関わっていませんが、大波さんは僕と同じ福島県出身ですので、特にうれしかったです」と話していた。 

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
パクタクおたすけ隊(その2)
■パク・ジュニョンと中澤卓也の人気コンビ「パクタクおたすけ隊」が初のオンラインイベントを開催。CS放送・チャンネル銀河のバラエティー番組「パクタクおたすけ隊」8月放送再開を記念した初の試み

デビュー9年目を迎えた韓国出身の歌手、パク・ジュニョン(38)とデビュ

異次元ライブ(その2)

■異ジャンルのアーティストが集合! スペシャル音楽番組「五木ひろしの異

水森かおり(その2)
■水森かおりが新曲「瀬戸内 小豆島」のC・Dタイプ発売を記念して初のインターネットサイン会を開催

今年でデビュー25周年を迎え、香川県小豆島を舞台にした最新曲「瀬戸内 

夏木綾子(その2)
■夏木綾子が「あじさい雨情~令和版」を発売し、キングレコード本社から全国のラジオ局全19番組に電話で出演

今年でデビュー28年目を迎える演歌歌手・夏木綾子が、39枚目のニュー・

おかゆ(その2)
■おかゆが新曲「愛してよ/独り言」発売を記念して東京・池袋のライブハウスで無観客ライブを開催。7曲熱唱

平成のおんなギター流し&シンガーソングライターとして人気上昇中の「おか

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる