*

■成底ゆう子がワンマンライブ。スポーツの応援歌として話題沸騰中の「ダイナミック琉球」など全22曲を熱唱

公開日: : ニュース

2010年11月10日に「ふるさとからの声」でキングレコードからメジャーデビューして9年目を迎えた沖縄・石垣島出身のシンガー・ソングライター、成底ゆう子(43)が3月21日、東京・世田谷区の下北沢GARDENで「ダイナミック琉球~あやぱにの舞い~」と銘打ったワンマンライブを開いた。

成底ゆう子(その1)

昨年2月21日に発売した前作シングル「ダイナミック琉球~応援バージョン~」が、サッカーやバスケットボールなどスポーツの応援ソングとして話題になり、昨年の「第100回全国高校野球甲子園大会」では、出場校の約4分の1が応援歌に採用するなど、まさに「勝ち歌」として大きな注目を集めている。

 そんな中で、3月13日にニュー・シングル「ダイナミック琉球~応援バージョン~【歌おう踊ろう盤】」をリリース。表題曲のほかに、キッズコーラスとの「キッズ・バージョン」、ダンス用にアレンジした踊れる「ダンス用」、歌える「カラオケ」を新たに収録し、中高生によるミュージックビデオ「スクール編」(DVD)も付いた盛りだくさんの内容だ。

 「今回は、いままでのライブよりもステージのパフォーマンスを上げ、ピアノの弾き語りだけではなく、ハンドマイクを持って立って歌う曲も多くなっています。一番の見どころは、何と言っても『ダイナミック琉球』を聴いていただきたいということです。いつものインストアイベントなどではカラオケを使って歌っていますが、今回は、バンドで、生で歌うロック調の『ダイナミック琉球』を皆さんに楽しんでいただければと思っています。今日のライブでは、成底ゆう子の新しい世界も見ていただきたいですね」

成底ゆう子(その2)

 この日は、約200人の熱烈なファンが詰めかける中、「あやぱに」をはじめ、「日和山公園」「この地球に生まれて」「ふるさとからの声」「風になれ」、三線も弾きながら「伝え歌」「真っ赤なデイゴの咲く小径」、それに「ダイナミック琉球」など、アンコールを含めて全22曲を熱唱した。

 現在、「ダイナミック琉球」の応援バージョンが大反響を呼んでいるが、その理由を「インディーズ時代から自分自身への応援歌として歌っていますが、こんなに多くの皆さんに応援歌として聴いていただけるとは思ってもいませんでした。歌っている本人が、会場と一つになれるような感覚がすごくあるんですね。それが応援する側として心を一つにして応援しようというところにつながっているような気がします」と自己分析。

 3月23日から約1週間、甲子園球場に高校野球の観戦に行くそうで、「『ダイナミック琉球』を使ってくださっている高校を自分の目で確かめてこようかなと思っています。初戦は全部見るので、20戦ぐらいは観戦するつもりです。野球に興味を持ち始めたのは、実は4、5年ぐらい前からでして、プロ野球のほかに、最近は相撲やサッカー、アメフトなども見たりしています」。

 ニュー・シングルについては「DVDも入っていますので、皆さんで踊って楽しんでいただけたらうれしいですね」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる