*

■山本あきが46回目のマンスリーライブ。卒業シーズンに合わせてセーラー服姿を初披露

公開日: : ニュース

最新シングル「桜の小径」(発売・キングレコード)がロングヒット中の演歌歌手・山本あき(42)が3月17日、東京・蒲田のライブハウス「KAMATAぶらぶら」でマンスリーライブを開いた。

山本あき(その1)

2015年6月からスタートしたマンスリーライブも、今回で46回目。「アコースティックな昭和歌謡」をコンセプトに、昭和の名曲カバーを中心に構成。毎回、いろいろな昭和の名曲をカバーしながら多くのファンの人気を博しているが、今回は、「卒業シーズン」に合わせて「桜の小径の季節がやって来た~!スペシャル」というタイトルで開くことになったもの。

山本あき(その2)

 会場は、デビュー当時からの熱烈なファンを中心に満席の中、初披露のセーラー服を着て、元気いっぱいの笑顔で登場した彼女の姿を見て客席はびっくり。

山本あき(その3)

 卒業式の定番ソング「仰げば尊し」でオープニングの幕を開け、最新曲の青春歌謡「桜の小径」を歌った後、「みんな、元気でしたか~っ! 会いたかったわ~。私のセーラー服姿、似合いますか? 違和感はないでしょ(笑)。皆さんとは1カ月ぶりにお会いしますが、この1カ月は緊張感のある日々を過ごさせていただきました。先週のマラソン=3月10日に茨城・古河市で『第7回サンスポ古河はなももマラソン』実施=では、皆さんとの約束を破ってしまいました。今日はここに金メダルを持ってくるはずだったのですが、残念ながら完走できず=39㌔地点でタイムオーバーによりリタイア=、でも、自分の中ではもう悔いがないというくらい精いっぱい頑張ってきました」とあいさつ。

山本あき(その4)

 昭和歌謡からメドレーで「高校3年生」「白い蝶のサンバ」「ブルー・ライト・ヨコハマ」「学生時代」、シンガー・ソングライター、タナコウのギターとベーシスト・田村奈津子の演奏をバックに松任谷由実の「卒業写真」、チャイナドレスに着替えて、アコースティックギターの弾き語りで西島三重子の「池上線」、前回のライブに続いて2回目となるドラムを叩きながら森田公一とトップギャランの「青春時代」とプリンセス プリンセスの「OH YEAH!」、オリジナル曲から「絆酒」「たそがれ本線」など全14曲を熱唱。クイズ大会も交えて、最後まで満員のファンと一緒に盛り上がった。

 5月19日には「山本あきバースデー・バーベキュー大会」(誕生日は5月24日)を開催。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる