*

■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

公開日: : ニュース

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情」でデビューし、その年の「第60回日本レコード大賞・最優秀新人賞」をはじめ、数々の賞を受賞して人気上昇中の演歌歌手・辰巳ゆうと(21)が3月23日、東京・北区の赤羽会館でファーストコンサートを開いた。

辰巳ゆうと(その1)

大阪出身の辰巳にとって赤羽は、デビュー前にストリートライブを行い、初めて人前に出た場所。デビュー後もキャンペーンなどで毎月のように訪れている縁の深い街で、彼にとっては第2の故郷。また、赤羽商店街連合会親善大使にも任命されている。

 開演前から「デビュー前からこの赤羽でストリートライブをやらせていただいていますが、僕を育ててくれたようなこの赤羽でファーストコンサートができるのが本当にうれしいです。最後まで1曲1曲ていねいに、皆さまのお心に届くように一生懸命歌わせていただきます。そして、来てよかったなと思っていただけるようなコンサートができれば…」と意欲満々。

辰巳ゆうと(その2)

そんな思い出の地・赤羽にある同会館での初のワンマンコンサートに約600人=チケットは発売開始わずか1分で完売=の熱烈なファンが詰めかけ満席の中、3月27日発売のセカンドシングル「おとこの純情」(A、Bの2タイプ発売)をはじめ、デビュー曲「下町純情」、カバー曲から「桜坂」(福山雅治)、「夜桜お七」(坂本冬美)、「アメリカ橋」(山川豊)、「TOKIO」(沢田研二)、歌謡浪曲「俵星玄蕃」、セカンドシングルのカップリング曲からAタイプの「稲荷町恋唄」、Bタイプの「力いっぱい演歌です」など全20曲を熱唱し、最後は感極まって大号泣で、初めての」単独コンサートを終了した。

辰巳ゆうと(その3)

 新曲「おとこの純情」について「デビュー曲の『下町純情』とはがらりと雰囲気が変わって、男らしいカッコいい1曲になっています。今年は、この曲で47都道府県を制覇したいですね。できれば1年で制覇したい」とし、今後は「演歌だけではなく、J━ポップや洋楽など幅広いジャンルの曲が歌えるような歌手を目指していきたい。ミュージカル風な歌にも挑戦してみたいですね」と話していた。

 来年3月21日には、セカンドコンサートが東京・浅草公会堂で決定。この日、突然知らされ、「とてもうれしいです! いつも僕のことを支えてくださっているファンの皆さまのお陰で、感謝の気持ちでいっぱいです。第2回目も多くの皆さまに喜んでいただけるようなコンサートがしたいです」と満面に笑みを浮かべていた。 

辰巳ゆうと(その4)

 この後、4月11日に「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり」(東京・杉並公会堂)、同20日に沖縄コンベンションセンター劇場棟で「長良グループ・演歌まつり2019 in 沖縄」を開催する。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
夜桜演歌まつり(その1)
■長良グループ主催「第20回夜桜演歌まつり」が東京・杉並区で開催。山川豊ら全11組が競演、全24曲を熱唱

毎年恒例の演歌の一大イベント「第二十回・長良グループ 夜桜演歌まつり~

山内惠介(その1)
■山内惠介が47都道府県コンサートツアーを4月11日の東京・中野サンプラザからスタート。公開リハーサルを

昨年は、「NHK紅白歌合戦」に4年連続出場を果たし、今年3月6日発売の

山川-豊(その3)
■山川豊が「三重テラス」来館者350万人達成記念ご愛顧感謝キャンペーンのコンシェルジュに就任

自身初となる故郷・三重県を舞台にした最新シングル「今日という日に感謝し

坂本冬美(その2)
■坂本冬美が51歳最後の日に恩師・猪俣公章さんの生誕80周年記念作品を全10曲熱唱。マルシアとデュエットも

最新シングル「熊野路へ」がロングヒット中で、3月30日に52歳の誕生日

辰巳ゆうと(その3)
■辰巳ゆうとが東京・赤羽会館で初のワンマンコンサート。600席のチケットはわずか1分で完売

「力いっぱい、演歌です!」をキャッチフレーズに昨年1月17日「下町純情

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる