*

■永井裕子が新曲「ねんごろ酒」発表会。「ばか野郎」のフレーズを連発! 来年のデビュー20周年に向けて大ヒットを

公開日: : ニュース

2000年6月に「愛のさくら記念日」でデビューし、来年20周年を迎えるキングレコードの演歌歌手・永井裕子(37)が、10月24日に新曲「ねんごろ酒」を発売。その発売記念ミニライブを同26日、東京・品川区のライブハウスKIWA TENNOZ(天王洲アイル)で行った。

永井裕子(その1)

新曲は、前作「海峡挽歌」に続き荒木とよひさ作詞、浜圭介作曲と、大ヒット・メーカーを起用したスケール感のある楽曲。サビに繰り返される「ばか野郎」というフレーズはとてもインパクトがある。20周年という節目を飾るべく、大きくステップアップを狙う。

ステージでは新曲や同カップリング曲「櫻」のほか、オリジナル曲を中心に、アンコール曲も含め全9曲を熱唱した。

「ご当地をテーマにしたしっとり演歌が多かったのですが、今作はイメージがガラリと変わりました。荒木とよひさ先生と浜圭介先生が私のイメージに合うようにと、気の強い女をテーマにしてくださいました。日ごろのいろいろなストレスを発散させて、『ばか野郎』と叫んでください。歌でストレスを解消するのは何も問題ないですからね(笑)。演歌というより、ロックのテイストも感じられるパンチあふれる曲です。ご年輩の演歌ファンだけではなく、若い世代にも気持ちよく歌っていただけるタイプだと思います」。

永井裕子(その2)

今後の抱負については「来年でデビュー20周年になりますが、それを盛り上げるためにも新曲を代表曲になるようにヒットさせたいですね。この天王洲は、第3弾シングル『哀愁桟橋』の発表会をした場所でもあります。そういう意味でも、ゲンのいい場所です。それにあやかって、今度の新曲も大ヒットさせたいです」と話していた。
来年6月12日には、東京・渋谷区総合文化センター大和田 さくらホールでコンサート「夢道 Roadto 2020」を開催する。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる