*

■永井裕子が新曲「ねんごろ酒」発表会。「ばか野郎」のフレーズを連発! 来年のデビュー20周年に向けて大ヒットを

公開日: : ニュース

2000年6月に「愛のさくら記念日」でデビューし、来年20周年を迎えるキングレコードの演歌歌手・永井裕子(37)が、10月24日に新曲「ねんごろ酒」を発売。その発売記念ミニライブを同26日、東京・品川区のライブハウスKIWA TENNOZ(天王洲アイル)で行った。

永井裕子(その1)

新曲は、前作「海峡挽歌」に続き荒木とよひさ作詞、浜圭介作曲と、大ヒット・メーカーを起用したスケール感のある楽曲。サビに繰り返される「ばか野郎」というフレーズはとてもインパクトがある。20周年という節目を飾るべく、大きくステップアップを狙う。

ステージでは新曲や同カップリング曲「櫻」のほか、オリジナル曲を中心に、アンコール曲も含め全9曲を熱唱した。

「ご当地をテーマにしたしっとり演歌が多かったのですが、今作はイメージがガラリと変わりました。荒木とよひさ先生と浜圭介先生が私のイメージに合うようにと、気の強い女をテーマにしてくださいました。日ごろのいろいろなストレスを発散させて、『ばか野郎』と叫んでください。歌でストレスを解消するのは何も問題ないですからね(笑)。演歌というより、ロックのテイストも感じられるパンチあふれる曲です。ご年輩の演歌ファンだけではなく、若い世代にも気持ちよく歌っていただけるタイプだと思います」。

永井裕子(その2)

今後の抱負については「来年でデビュー20周年になりますが、それを盛り上げるためにも新曲を代表曲になるようにヒットさせたいですね。この天王洲は、第3弾シングル『哀愁桟橋』の発表会をした場所でもあります。そういう意味でも、ゲンのいい場所です。それにあやかって、今度の新曲も大ヒットさせたいです」と話していた。
来年6月12日には、東京・渋谷区総合文化センター大和田 さくらホールでコンサート「夢道 Roadto 2020」を開催する。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
パクタクおたすけ隊(その2)
■パク・ジュニョンと中澤卓也の人気コンビ「パクタクおたすけ隊」が初のオンラインイベントを開催。CS放送・チャンネル銀河のバラエティー番組「パクタクおたすけ隊」8月放送再開を記念した初の試み

デビュー9年目を迎えた韓国出身の歌手、パク・ジュニョン(38)とデビュ

異次元ライブ(その2)

■異ジャンルのアーティストが集合! スペシャル音楽番組「五木ひろしの異

水森かおり(その2)
■水森かおりが新曲「瀬戸内 小豆島」のC・Dタイプ発売を記念して初のインターネットサイン会を開催

今年でデビュー25周年を迎え、香川県小豆島を舞台にした最新曲「瀬戸内 

夏木綾子(その2)
■夏木綾子が「あじさい雨情~令和版」を発売し、キングレコード本社から全国のラジオ局全19番組に電話で出演

今年でデビュー28年目を迎える演歌歌手・夏木綾子が、39枚目のニュー・

おかゆ(その2)
■おかゆが新曲「愛してよ/独り言」発売を記念して東京・池袋のライブハウスで無観客ライブを開催。7曲熱唱

平成のおんなギター流し&シンガーソングライターとして人気上昇中の「おか

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる