*

■島津悦子が長崎県のアンテナショップ「日本橋 長崎館」で一日店長&新曲「長崎しぐれ」発表会

公開日: : ニュース

昨年4月にデビュー30周年を迎え、金沢、鹿児島、東京の3カ所での記念コンサートが大成功。今年で31年目を迎えた演歌歌手・島津悦子(56)が、ニュー・シングル「長崎しぐれ」(詞・かず翼、曲・徳久広司)をキングレコードから10月10日に発売したのを記念して翌11日、東京・日本橋の「日本橋 長崎館」で一日店長を務め、同店の特設ステージで新曲発表会を開いた。

島津悦子(その1)

今度の新曲は、長崎県を舞台にした作品であることから一昨年3月にオープンした長崎県アンテナショップの同店内で発売記念イベントを行うことになったもの。

 大勢のファンや買い物客が詰めかける中、「きのう発売になった新曲を歌わせていただく一日店長の島津悦子です。店内を見させていただきましたが、欲しくなるものばかりです。私の好きなお酒の銘柄もたくさんありますし、ワインもあって…。長崎と言えばカステラで、私の大好物ですが、子どものころは贅沢品としてなかなか食べられませんでした。明後日は『サバグルメフェス』が開催され、鯖の食べ比べもありますので、ぜひお越しください」と、一日店長としてのあいさつもしながら新曲「長崎しぐれ」をはじめ、前作シングル「海峡みなと」、2006年発売の「焼酎天国Ⅱ」、新曲のカップリング曲「湯河原湯情」、それに再度、新曲の全5曲を熱唱した。

島津悦子(その2)

 鹿児島県出身の彼女は「長崎には何度も足を運ばせていただいていますが、初めておじゃましたのが中学校の修学旅行のときです。歌手になってからも長崎には何度も足を運ばせていただいていますが、年齢とともに町並み、場所の雰囲気、味わう気持ちがだんだん変わってきています。そんな長崎を舞台にした今回の新曲『長崎しぐれ』は、長崎の落ち着いたしっとりとした風景が思い浮かぶような作品です。平成ももうすぐ終わりますし、この歌を聴いていただいて、昭和のよき時代を思い出していただきながらほんわかとした気持ちになっていただけたらうれしいですね」。

 新曲については「つらい過去を背負いながら苦労してきた女性が、自分は幸せになることをあきらめて生きてきたのに、すべてを受け入れてくれる懐の深い男性と出会って、『こんな私でもいいのかしら』という奥ゆかしい昭和の女性が主人公のすてきな作品です。私はこの歌を歌っていると、何か幸せな気持ちになりますし、ぜひ多くの方々に聴いていただきたいです」と話していた。

島津悦子(その3)

 来る12月21日には、石川・金沢市のホテル日航金沢でクリスマス&バースデーショーを開催。同じキングレコードの演歌歌手・小金沢昇司がゲスト出演。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
原田悠里(その2)
■原田悠里が「台湾フェスティバル」でミニコンサート。「台湾ライチ種飛ばし親善大使」にも任命

新曲「萩しぐれ」(発売・キングレコード)が好調の演歌歌手・原田悠里(6

人仁の会(その2)
■渥美二郎が主宰の「人仁の会」で角川博、走裕介ら7アーティストが共演。昭和39年、東京五輪の年にヒットした曲などを熱唱

ベテラン演歌歌手・渥美二郎(66)が主宰し、今年で25回目を迎える震災

山本あき(その2)
■山本あきが「キャサリン山本」に変身してマンスリーライブ。昭和歌謡のカバーなど18曲熱唱

6月2日に北海道・千歳市で開催された「第39回千歳JAL国際マラソン」

船村徹巡礼(その2)
■鳥羽一郎、静太郎、天草二郎、走裕介、村木弾の船村徹内弟子五人の会が師匠の故郷、栃木県で「演歌巡礼」コンサート

村田英雄の「王将」、美空ひばりの「みだれ髪」、北島三郎の「風雪ながれ旅

永井裕子(その2)
■永井裕子が20周年カウントダウン記念コンサートを開催。なでしこ姉妹としての新曲も披露

最新シングル「ねんごろ酒」(詩・荒木とよひさ、曲・浜圭介、発売・キング

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる