*

■椎名佐千子がドラマティックコンサート。平成のおんなギター流し・おかゆとステージ初共演

公開日: : ニュース

今年でデビュー17年目を迎え、最新シングル「舞鶴おんな雨」(発売・キングレコード)=がロングセラー中の演歌歌手・椎名佐千子(35)が8月24日、東京・江戸川区のタワーホール船堀・大ホールで「椎名佐千子×おかゆ ドラマティックコンサート with 万照と熱燗党」と銘打ったコンサートを開いた。

椎名佐千子(その1)

今回は、「平成のおんなギター流し」というキャッチコピーで人気を博している美人歌手・おかゆ(27)と、高橋真梨子のサポートバンド、ヘンリーバンドの酒好きメンバーが集まった「熱燗党」とサックス&ボーカルの野々田万照(まんてる)がコラボしたムードラテンコーラスバンド「万☆照と熱燗党」とのコラボによる見どころいっぱいのステージだ。

 「椎名さんとは3年ほど前に初めてお会いしましたが、以前からテレビなどで拝見していて、流しで歌うときのお手本にさせていただいています」というおかゆに、椎名は「おかゆちゃんの歌には力強さがあり、ぐっと引きつけるものがあります」と、互いにリスペクトし合う仲で、椎名は「今日は、お客さまがドラマを見ているような、心ときめき、わくわくするようなステージをお届けしたい」と大張り切り。

椎名佐千子(その3)

 約750席の会場は、デビュー当時からの熱烈なファンらで満席の中、「さっちゃ~ん!」という熱い声援が飛び交う中、「このたびの西日本豪雨で被害に遭われた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。今日は、台風の影響で来られない方もいらっしゃるとお聞きしましたが、今日はこのステージから一生懸命、歌をお届けしたいと思っています」とあいさつ。

2部構成で、第1部は新曲「舞鶴おんな雨」を歌ってオープニングの幕を開け、万照がアレンジした椎名のオリジナル曲から「海の男に惚れちゃった」「海峡エレジー」「おじぎ草」などを披露した後、熱燗党が加わり、同じく万照がラテン調にアレンジした昭和の名曲から欧陽菲菲の「雨の御堂筋」、井上陽水の「傘がない」、西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」、それに「万☆照と熱燗党」のミニミニ歌謡ショーを挟んで、再びオリジナル曲から「早春慕情」「終着ノサップ」「終着港」などを熱唱。

椎名佐千子(その2)

 第2部は、おかゆが共演するステージで、流しとのやりとりを描いたミニ芝居で幕を開け、椎名が、同じキングレコードの故先輩歌手:江利チエミの大ヒット曲「酒場にて」やおかゆとのデュエットによる「東京ブギウギ」「恋のバカンス」を披露。続いておかゆが、自らのテーマ曲とも言うべき「おんな流しのブルース」やオリジナル曲「雨ニ濡レテ」などを熱唱。

再びおかゆとの共演ステージで、二人の女性の物語をテーマに椎名が、ちあきなおみの「紅とんぼ」や島津亜矢の「梅川」などを歌い、8月1発売の新曲に新たなカップリング曲を収録した「舞鶴おんな雨~浪漫編~」から、おかゆが作曲した「お赤飯の唄」をデュエットし、ファイナルの「貴方とともに」(同【浪漫編】収録)まで全28曲(おかゆの歌を含む)のプログラムで最後まで客席を魅了した。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
■ムード歌謡の貴公子・タブレット純がデビュー20周年記念リサイタル。5月11日に20周年記念シングル「百日紅」発売

 ムード歌謡の伝説的グループ〝和田弘とマヒナスターズ〟の最後のボーカ

■田川寿美が東京・花園神社でデビュー30周年記念曲「雨あがり」のヒット御礼詣で&さらなる飛躍を祈願。7月6日には新曲「白秋」も発売

 1992年に「女…ひとり旅」でデビューして今年で31年目を迎えた演

■門松みゆきが出身地・小田原市で3年ぶりに復活した市内最大の観光イベントの「武者隊パレード」に足軽に扮して参加。

 デビュー4年目を迎え、5月25日に第4弾シングル「彼岸花咲いて」(

■おかゆがニューシングル「赤いひまわり」発売を記念して東京・池袋でミニライブ配信。自ら出演のMVフルバージョンも同時公開

 メジャーデビューして4年目を迎える平成のおんなギター流し&シンガー

■水森かおりが福井・若狭町に4月21日オープンの桂由美記念館のオープニングセレモニーにサプライズで登場。6月発売の「九十九里浜」タイプC・Dのカップリング曲に福井県が舞台の曲と初のブライダルソングを収録

 今年でデビュー27年を迎え、千葉県を舞台にした最新シングル「九十九

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる