*

■双子ソプラノデュオ、山田姉妹が銀座山野楽器で第2弾アルバム発売記念イベント。150人のファンが

公開日: : ニュース

昨年2月22日にアルバム「あなた~よみがえる青春のメロディー」で日本コロムビアからCDデビューし、人気上昇中の双子のソプラノデュオ、山田姉妹=山田華(はな、姉、26)、山田麗(れい、妹、26)=が、3月7日に第2弾アルバム「ふたつでひとつ~心を繋ぐ、歌を継ぐ」をリリースしたのを記念して同日、東京・銀座の山野楽器本店Jam Spotで発売イベントを開いた。

山田姉妹(その1)

姉の華は、東京藝術大学声楽科卒業で、在学中に安宅賞を受賞。2011年度のミス鎌倉にも選ばれる。妹の麗は、国立音楽大学声楽科、オペラソリストコース、共に首席で卒業。卒業時に武岡賞を受賞。女優として「3年B組金八先生」などに出演。

 そんな実力と美貌を併せ持つ2人は、第1弾アルバムでは、幼いころ、音楽好きの両親の影響で聴いていた1960~70年代のフォーク、ニューミュージックの名曲を中心とした選曲をカバー。そして今回の第2弾では、よりジャンルと時代を広げ、1960年代から2010年代までの名曲をカバー。スペシャルトラックとして、姉妹がそれぞれ書いた詩によるオリジナル曲を収録。老若男女が楽しめる歌の数々を姉妹ならではの息の合ったハーモニーと清涼感あふれるソプラノで歌い上げている。

山田姉妹(その2)

 会場には、約150人の熱烈なファンが詰めかける中、華は「私たちは、昨年2月22日に日本コロムビアからデビューし、1年間、いろんな活動をさせていただき、たくさん歌う機会をいただいて、本当に幸せな1年を過ごすことができました。その結果、また今年、こうしてセカンドアルバムを出して、皆さまに聴いていただく機会がさらにさらに増えたことをうれしく思っています」、麗は「この1年で私たちのことをたくさんの方が知ってくださって、いろんな方の応援が本当に励みになって、歌手になりたいという夢をかなえた実感がわいた1年になりました」とあいさつ。
ニュー・アルバムから槇原敬之の「どんなときも。」をはじめ、妹・麗が作詞した「ただいま」、それに手話を交えながら工藤慎太郎の「2つで1つ」(同アルバムのリード曲)の全3曲を熱唱。

山田姉妹(その3)

 その中で、今回のアルバムの制作秘話を紹介。華は「100曲ぐらいの中から13曲を選曲しました」、麗は「前回は昭和の曲だけだったのですが、今回は『歌を継ぐ』をテーマに、これから残していきたい、伝えていきたい曲を選ぼうということで、昭和、平成と、隔たりなく曲を選ばせていただきました」と話していた。

 初のオリジナル曲も収録し、華は「虹色の空」を作詞し、「5年ぐらい前に作詞しましたが、鎌倉市をふと歩いていたら5分ぐらいでできました」、麗は「ただいま」を作詞し、「私は3カ月ぐらいかかりました(笑)」と笑顔を見せ、2人は「このアルバムを一人でも多くの方にお届けしたい」と話していた。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
井上由美子(その3)
■井上由美子が自ら構成・演出を手がけたコンサートで全20曲熱唱。1月9日発売の新曲「想い出の路」も披露

今年でデビュー16年目を迎え、1月9日に第20弾シングル「想い出の路(

松平-健(その3)
■松平健が名古屋・御園座で1月9日発売の新曲「マツケン・アスレチカ」披露。中村美律子と舞台では初共演

1月4日から名古屋・御園座で上演中の「松平健・中村美律子 新春特別公演

水森かおり&辰巳ゆうと(その2)
■水森かおりが、辰巳ゆうとと銀座山野楽器初売りイベントで初うた披露。水森は1月22日発売の新曲「高遠 さくら路」初お披露目

昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」に16年連続16回目の出場を果たし

由紀さおり(その2)
■由紀さおりが東京・明治座で50周年記念公演初日開幕。新作オリジナル喜劇&ショーを20日まで上演

大ヒット曲「夜明けのスキャット」でデビューして今年で50周年を迎え、1

森山愛子(その2)
■森山愛子が新曲「会津追分」ヒット御礼ご愛顧感謝コンサート&カラオケ王決定戦

デビュー15周年を迎え、最新シングル「会津追分」(発売・ユニーサルミュ

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる