*

■最上川司が故郷・山形で凱旋コンサート。800人の地元ファンを熱狂。初挑戦の和太鼓や殺陣も披露

公開日: : ニュース

最新シングル「君の胸の中に」(発売・ユニバーサルミュージック)が好調の山形・河北町出身、世界初のビジュアル系演歌歌手・最上川司(もがみがわ・つかさ、年齢非公表)が18日、山形・山形市の山形テルサ・アプローズで「最上川司 演歌歌謡ショー~ただいま故郷!まつぽい山形ぽいぽいぽい~」と題した凱旋コンサートを開いた。

%e6%9c%80%e4%b8%8a%e5%b7%9d%e5%8f%b8%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92%ef%bc%89

現在、演歌歌手の活動と並行してビジュアル系バンド、THE MICRO HEAD 4N’S(読み=マイクロヘッドフォンズ)のドラマーとして活躍中。昨年6月10日に自作詞・曲の演歌「まつぽいよ」で念願の演歌歌手としてソロデビューし、全国キャンペーンをはじめ、テレビ、ラジオ、それに台湾公演などを精力的にこなし、特に故郷・山形では、子どもからお年寄りまで幅広いファンを獲得。月に3度は山形でのイベントなどにも参加。山形放送ラジオとFM山形でのレギュラー番組を持ち、地元の自動車販売会社のCMにも出演するほどの人気者だ。

 そんな活動の総決算ともいえる今回のコンサート(2回公演)に延べ800席のチケットは早々と完売。

%e6%9c%80%e4%b8%8a%e5%b7%9d%e5%8f%b8%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%91%ef%bc%89

 地元の熱狂的ファンらで満席の中、1曲目のイントロで白幕の向こうにシルエットが現れ、白幕が落とされた後に最上川が現れると、客席から「ワァーッ!」という大きな歓声がわき起こり、「山形の皆さん、ただいま!」とあいさつ。すると、客席から「おかえり~!」という声が返ってきて、「家族で来た人も友だちと来た人も一人で来た人も、僕がロマンチックあげますから暖まって帰ってください」と呼びかけ、スタート。

 「僕は、小さいころからおじいちゃん子でした。そのおじいちゃんが、高校の卒業旅行の間に亡くなってしまいました。死に目に会えなかったんです。おじいちゃんに『ありがとう』という感謝の気持ちを伝えられなかった分、いま自分のまわりにいる人たちに感謝の気持ちを伝えていきたい。『こんなに満員になって本当にありがとう』と伝えたいです」

%e6%9c%80%e4%b8%8a%e5%b7%9d%e5%8f%b8%ef%bc%88%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%93%ef%bc%89

オープニングから大フィーバーする中、ソロデビュー曲「まつぽいよ」をはじめ、「最上川慕情」「ひとひらの桜」、新曲「君の胸の中」などのオリジナル曲に加え、ロックのアレンジによる演歌の名曲「北国の春」「津軽海峡・冬景色」「夜桜お七」など全17曲を熱唱した。

 また、今回初挑戦の和太鼓も披露し、「夜桜お七」の間奏では殺陣も披露。演歌とロックを融合させ、バラエティーに富んだ演出に加え、最上川の故郷愛があふれる山形訛りのMCも交えながら最後まで温もりのあるステージで客席を楽しませた。

 公演終了後には、ネットでいま話題の新曲の絵本ミュージックビデオのDVDを入場客全員にプレゼント。その絵本ミュージックビデオは、新曲にインスパイアされて最上川自身が書き下ろした66枚のイラストを、絵本をめくるように見せたもので、コンサートの感動の余韻が帰宅後も楽しめるようにと配布された。

(サンニュース)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

follow us in feedly RSS購読


スポンサーリンク




follow us in feedly RSS購読
水森かおり(その1)
■水森かおりが亡き恩人・徳間康快元社長の墓前に「NHK紅白歌合戦」15年連続15回目の出場を報告

今年でデビュー23年目を迎え、最新シングル「早鞆ノ瀬戸」(徳間ジャパン

伊藤美裕(その3)
■歌謡曲の歌姫・伊藤美裕が東京では2017年を締めくくる冬のワンマンライブ

「コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティスト」として2011年4月

原田悠里(その3)
■原田悠里が1年に一度のコンサート。歌謡浪曲の師匠・二葉百合子と7年ぶりの共演で、二葉の十八番「湯島の白梅」を熱演・熱唱

今年でデビュー36年目を迎え、新曲「佐原雨情」(発売・キングレコード)

舟木一夫(その2)
■舟木一夫が新橋演舞場12月公演のゲネプロ公開。尾上松也、里見浩太朗ら豪華キャストで12月2日から上演

今年で芸能生活55周年を迎え、1月の新橋演舞場でのコンサートからスター

中村雅俊(その3)
■中村雅俊が東京・中野サンプラザホールでコンサート総本数1500回突破記念公演。ステージ上で鏡割りも

通算54枚目となる両A面の最新シングル「どこへ時が流れても/まだ僕にで

→もっと見る

  • ファンレターの書き方
  • CDの収納まとめ
  • これで安心!サイン色紙の保管方法まとめ
上にもどる